ニドネ&ヒルネ
寝言&たわごと&好きなこと ゆっくりショーン・ビーン熱愛お休み中・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セレブファッション
昨日歯医者の定期健診でした。楽しみなイベントのひとつだったりして。とっても素敵な先生と、優しく楽しい衛生士さんに会えるのが嬉しくて(笑)。

出会いは5年ほど前。新しい街に引っ越したばかりで虫歯になっちゃって、よく知らないけど駅前にあった歯医者に飛び込んだんです。ちょっと冷たい感じの先生だけど、壁一面に貼られた各種認定証(含アメリカ)に圧倒されて、治療をしました。虫歯は思いのほか深く「神経を抜く必要があります。」という宣告を受けてしまいました。中学生以来虫歯と縁のなかった私はものすごい恐怖を感じてすっかり硬直・・。そして硬直している間にてきぱきと作業は進み、虫歯だった歯は半分まで削られてしまい、神経とやらもすっぱり抜かれてしまいました。治療自体は麻酔が非常によく効いていたようで、無痛でした。その後数回通院してセラミックでクラウン(残った歯にかぶせる擬似歯)しました。

しかし。本当の苦しみはそれからだったのです。痛い。しくしく痛い。特に風呂上りに身体が温まってからが痛い。夜も眠れず、食事も満足に噛めず、憂鬱な日々が始まりました。再び歯医者を訪ねて症状を訴えますと、先生は不愉快そうに「治療すぐはそんなものです、どうしても痛いというならもう抜歯するしかないですね。」って眼鏡キラーン。この先生はいわゆるマスクハンサムでうむを言わせないものがあるんです。またしても真っ白になっちゃった私を尻目に、てきぱきこんどは抜歯の用意が!でも今度は私も正気に戻り、「次回にしてください、今日は帰ります」と本当に脱兎のごとく逃げ出したのでした。

もうその歯医者には二度と戻らないと決めた私は、近所の歯医者を転々としましたが、何度治療をやり直しても痛みが治まらないんです。本当に辛かったなあ。。そしてある日、何も近所にこだわる必要はないと思い当たり、ネットで歯医者を検索しました。キーワードはなんだったか忘れましたが、心惹かれるサイトがひとつ。たしか「歯の治療は口の中だけではなくて、全身との関係を見て考える」てなことがコンセプトの歯医者団体のものでした。そしてその加盟歯医者から比較的近いところに電話して、予約しました。

そして冒頭の大好きな歯医者と出会ったのでした。歯の痛みの原因について丁寧に調べて、体調にあわせて薬を変え、結局半年かかってしまいましたが、ようやく痛みもおさまりハイブリッド(セラミックとプラスチックだかの混合?)なクラウンをつけ、3年経ったいまでもわずかの違和感もなく快適な口腔生活です(笑)。初診のときに、思わず涙ながらに「歯を抜きたくないんです」と訴えた私を思い出すと恥ずかしいのですが、必死さが伝わったのか医師や衛生士さんもとても親身になってくれています。治療が終わって「もう通わなくて大丈夫」と言われたときにはもう寂しくって(笑)。歯医者通いが楽しいだなんて、ヘンですよねえ。それに落ち着いたWOWWOW付個室での治療だし、とても快適なんですよ?信頼できる歯医者さんをお探しの方はぜひお試しください。

長い前置きでしたが、本題はこれから。その昨日の検診にはやっぱりこの歯医者を紹介した友人と一緒に行ったのです。私は定期的なクリーニング程度だったのですが、彼女は治療があったのでけっこう待ちまして。その間、雑誌を読みふけりました。女性ファッション誌や情報誌などひととおり読んで、手を伸ばした男性ファッション誌「サファリ」。男のスーツ、的な特集のようでした。どうやらこの春の流行は「細ラペルのおとなしめストライプ」なスーツらしいですよ。そしてハリウッドセレブの新旧スーツ比較記事がありました。

『ちょっと前までのセレブのスーツスタイルはモノトーン一辺倒』という囲みの中にある人を見つけました。

d.jpg


この写真じゃないけれど、このときの服装でした。思いがけないところでヴィゴを見つけて、血圧が上がりました!すごいなあ、ファッション誌にセレブスタイル例で登場なんて、ちょっとびっくり(笑)。ヴィゴの下につけられたコメントを読むと『ダークグレーのスーツに黒シャツ。セレブの典型的スタイルではないがやはりモノトーン』ですって(笑)。典型的じゃないなら載せるなよ!なんていいながらも嬉しかったのでした。ちなみに一緒に『ちょっと前』組として並んでいたのはブラピにデルトロ。そして、「最近のセレブスタイルバリエーション』組として並んでいたのはガエル・ガルシア、エイドリアン・ブロンディでした。

オンスーツの一方、カジュアルスタイルのお手本はリネンやコットンのスーツだそうで、カンヌ映画祭のときのブラピが出てました。この写真じゃないけど、このときの服装。

bp2.jpg


その他いろいろ総合すると、この雑誌のいちおしはラテン系セレブのロドリゴ・サントロ。

rs.jpg

あとはデルトロ、ヴァンサン・カッセル、エンリケ・イグレシアス、バンデラスにガエルといった顔ぶれでした。濃いなー!!この面々がずらりと特集されているとすごい紙面が茶&黒っぽかったです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
歯医者かああ
私もいいかげん行かないとな・・・。
いつも行ってた歯医者さん、担当のセンセーが他に行ってしまって、それきり疎遠・・・。
なをさんの行ってるところ、よさそうですねえ。
でも歯医者ってながくかかるので、私の場合、仕事場に近くないとだめなんです。

ああ、Viggo元気なのおおお~~~!?
2005/03/18(金) 21:49:20 | URL | Naomi #9zOzYU0I[ 編集]
便りのないのは元気な印・・
Viggoのアラトリステ記者会見&石橋さんがらみの映像が出た興奮さめやらぬこの頃ですが、もう次が待ち遠しいですよね!ペイシェントです、旦那。

歯医者は上野駅徒歩5分です。よかったら。でもオススメの先生は水曜日のみなんです・・。
2005/03/18(金) 21:58:49 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://berry9.blog4.fc2.com/tb.php/76-0b9f3ae3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近、髪型でも変えてみようかな?と思うこともしばしばあり、髪型の参考になりそうなものは、いろいろとチェックしています。今月号の「サファリ(男性向けライフスタイルマガジン)」では、無精髭と髪型の相性を、ハリウッドスターをモデルにして検証していますね。個人的
2005/03/27(日) 19:45:00 | 雑記「Don't call me, Henry」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。