ニドネ&ヒルネ
寝言&たわごと&好きなこと ゆっくりショーン・ビーン熱愛お休み中・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クローネンバーグ克服計画
hov2.jpg


ヴィゴの「ヒストリーオブヴァイオレンス」は暴力シーンなどに<かなりリアルな恐怖>を感じる作品らしいとか・・。しかしヴィゴの演技についての評価は非常に高いようですし、絶対見たいのだけれど。私は単純が災いして、監督の思惑通りに驚いたり泣いたりな人なので、映画館でもびっくりしてガタン!ってなっちゃうんですよ。一緒に映画を見る人には申し訳なく。犯人とかが待ち伏せしてるぞ~、絶対居るぞ~、って動揺しないように予想したりするんですけれど、そういうときは必ず背後やら上やら下から犯人に襲われて(よくあるパターンなのに)、飛び上がっちゃうんですよね。「HoV」はそういうどっきり系ではないと思うのですが、殴られたりナイフが出たりするとけっこうヤバイ。どういう種類の恐怖なのか、少し同監督作品を見て慣れておこうかと思うわけで。

クローネンバーグ監督作品をぐぐってみましたところ、Yahoo!ムービーに見つかりました。しかし、作品紹介を読むと「精神療養施」やら「脊髄に穴」やら「肩からばっさりと切断」やら?!うーん。「事故の体験により新しいエクスタシーを開拓」という「CRASH」がちょっと面白そうかな(笑)。しかし暴力や恐怖というものになれるためにはここはやっぱり「ヴィデオドローム」?調べれば調べるほど、しり込みするような評価が出てきてますます怖い。やっぱり「HoV」だけはがんばって見ることにしようかな(泣)。初心者向けクローネンバーグ作品ってどれなんだ・・・。

クローネンバーグ監督作品を調べていたらばひとつびっくりしたことが。彼の作品のほとんどの音楽をあのハワード・ショアが担当しているのです。へぇー。私は「ロードオブザリング」の彼の音楽しか知らなかったのですが、ずいぶんいろんな映画音楽の歴史があったのですね。そしてやっぱり「HoV」の音楽もショアが担当。へぇー。


hov4s.jpg

原作本
&コミックがあるんですね。そして本の表紙。・・・けっこう血が流れたりするんでしょうか。ハンマーと鉄条網が怖いです。

追記

hello nicoさんがクローネンバーグ監督の作品年表をまとめていらっしゃいました。参考にさせていただきたいと思います。ありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
クローネンバーグファンです。
初めまして
クローネンバーグを調べていたら、こちらのサイトにたどり着きました。

>初心者向けクローネンバーグ作品ってどれなんだ
『デッドゾーン』をお薦めします。超能力者のお話ですが、悲しい運命を背負った男の映画です。ショックシーンも少なく、ただ彼の行動にハラハラ、そして同情してしまうような内容なので、地味ですが一般向きと言えます。

『クラッシュ』は異様な趣味に興味がある人は気にいるかもしれませんが、理解できない人には辛いと思います(男の人は好きかも、成人向き)。
『ヴィデオドローム』もドロドロ、気味が悪いと思う人にはストーリーも理解しにくいと思います。
何かご参考になればと書き込ませていただきました。
2005/07/24(日) 17:33:17 | URL | hello nico #SFo5/nok[ 編集]
嬉しいです~♪
hello nicoさん、はじめまして。コメント下さりありがとうございました!クローネンバーグ監督のファンでいらっしゃるのですね。アドバイスいただいて心強いです。

いやもうどれも怖そうで、監督作品の予習はあきらめモードでした。オススメくださった「デッドゾーン」、ご紹介を読んだ感じではなんだか大丈夫そうな(笑)気がしますのでぜひ見てみようと思います。本当に怖いのは苦手なんですよ、お恥ずかしい。闇雲に「ヴィデオドローム」に手を出さなくてよかった~(泣)。
2005/07/25(月) 21:57:42 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://berry9.blog4.fc2.com/tb.php/61-753644a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
David Paul Cronenberg 1943年3月15日 カナダ オンタ
2005/07/27(水) 21:44:42 | *Hello Nico World
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。