ニドネ&ヒルネ
寝言&たわごと&好きなこと ゆっくりショーン・ビーン熱愛お休み中・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子連れ狼
060718a.jpg

いきなり??な話題ですみません(笑)。ミスchのシャープ放送目当てで契約したCATVですが、パックで視聴可能なチャンネルの1つに時代劇チャンネルってのがありまして。以前同じ職場のお姉さんが「子連れ狼最高」って言っていたのを思い出して見始めましたら、これがなんだか面白いのです(笑)。お姉さんが言っていたのはどうやら「(新)子連れ狼」らしく、主演は北大路欣也だったらしいのですが、私が見てるのはオリジナルの萬屋錦之助版・子連れ狼。かなり昔の作品なんでしょうけれど、なんだか古さを感じない面白さなのです。

ストーリーですが、公儀介錯人(武家諸法度に違反するなどして幕府から切腹を命じられた大名の介錯を請け負う役職)の拝一刀(おがみいっとう)が、この名誉を横取りしようとする柳生烈堂(やぎゅうれつどう)の陰謀で謀反の汚名を着せられ、妻をはじめ一門は皆殺しとされ、一刀はかろうじて生き残った一子・大五郎とともに出奔、追う柳生との戦いとさすらいの旅を生きることになった、というカンジです。こちらご参照ください。

大五郎を乗せた乳母車(っていっても超無骨・底には弾よけ鉄板仕込み&手すりは仕込み槍)には「子貸し、腕貸し候」ってのぼりが立ってたり。拝一刀は水鴎流(すいおうりゅう)の名手にて最強の剣の腕を持っていて、無敵なんです。なのでその腕を生かして刺客となって一殺500両という超高額な代価を得るわけなのです。これだけの高額を払えるのはやっぱりいろんな陰謀を抱えたお大名だったり、裕福な商人だったりするのですが、依頼を請ける請けないは一刀のポリシーによるわけなのです。正義とは言い切れない、でも最終的にはしびれる一刀の判断と強さなのであります。決して勧善懲悪ではないストーリーや、なんの力ももたない弱者はやっぱり命も軽かったり、残酷な結末だって、やりきれない仕打ちだってあったりするのが非常に新鮮であります。ときには心温まる出来事だってありますが、それもなんだか残酷な現実の哀しさを際立たせるものだったり・・。一刀と追手や、賞金稼ぎとの派手な死闘が各回のメインなのですけれど、そこにいたるまでのストーリーに引き込まれしまいます。殺戮が日常の親子なだけに、とくに5歳の大五郎には厳しい覚悟を強いられるわけです。キーワードは冥府魔道(めいふまどう)。用法は「われら冥府魔道に生きるもの故」。人としての心はすでに捨てて、狼として生きる親子なのですよ。うぅん、熱く語りすぎ??

この子連れ狼萬屋バージョンですが、シーズン1~3まであります。1、2は柳生との死闘、3は賞金稼ぎとの戦いなようです。まだ3の途中を見ているのでこれからどうなるのか楽しみなのですが。一番の違いは1、2の大五郎と3の大五郎が違うのです。初代大五郎はけっこう無気力なけだるい5歳なのですが、3は腕白な5歳なのです。わたしは初代がお気に入り。すごい演技力なのですよ(笑)。あと歌が違う。1、2は「ててごがぁいなけ~りゃ、どこぉでぇまぁつ~うぅう~」って主題歌で、3は「しとしとぴっちゃんしとぴっちゃん、しーとーぴっちゃん」てなカンジです。これも初代が気に入りな私。あ、また熱く語りすぎですか(笑)?


さて。ここで本題です。先日「リベリオン」の地上波放送がありました。私は見逃しましたので、翌日DVDで見直したわけなのですが、本編だけじゃなく、ショーン賛美が聞きたくって監督コメンタリーも教会シーンメインでチェックしなおしました。そのときに衝撃的な出会いが(笑)!DVDお持ちの皆様、ぜひお試しください。音声メニューにて監督コメンタリーを選択、メインメニューからチャプターを選択→出てくる一番最初のプロローグから再生してみてください。MIRAMAXのロゴのあとの、DIMENTION FILMのロゴのときです。

ね?「リベリオン」の監督はきっと「子連れ狼」のファンなんだと思います。大トリの日本刀での対決は一刀へのオマージュに間違いない(笑)。拝一刀は刀を投げるのですよ~!

・・・これって有名な話だったらば1人騒いでごめんなさい(逃)!

あ、子連れ狼に興味を持ってくださった場合には、超詳しいこちら「子連れ狼研究白書」さんをぜひチェックください(笑)。

そうそう、拝一刀って名前は狼一頭からきてるらしいですよ?クールだ・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
しとしとぴっちゃん♪
の方が親しみがあるんだけど、これは3だったんですねえ~。
それにしてもなをさん、熱いです!(笑)
去年辺りおそらく3を再放送で観てるんだけど、私の感想は「大五郎の髪型ヘン^^;」でした(苦笑)
2006/07/20(木) 01:10:25 | URL | さき #iWfHidvU[ 編集]
いた!
さきさん、こんばんは!子連れ狼仲間(勝手に決定)発見!いやいやぜひぜひシーズン1,2も見てください、はまりますって!ほんとほんと!
2006/07/21(金) 19:48:03 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://berry9.blog4.fc2.com/tb.php/448-10f248ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
子連れ狼『子連れ狼』(こづれおおかみ)は、1970年9月から1976年4月まで「漫画アクション」誌に連載された時代劇漫画。小池一夫原作、小島剛夕画。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History
2007/02/08(木) 01:32:59 | あのドラマに夢中!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。