ニドネ&ヒルネ
寝言&たわごと&好きなこと ゆっくりショーン・ビーン熱愛お休み中・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sharpe's Challenge(9)
ワールドカップに翻弄されて、チャレンジがすごくご無沙汰になっていました。ストーリーを忘れるってことはないのですけれど(シンプルだし・笑)、ようやく通り越したシャープ素敵ポイントでまたしても一時停止再生コマ送りを繰り返してしまう予感です。進まない・・・。

あとようやくスクリーン買って来ました!
スクリーン8月号の記事とてもよかったです。麻依さん、さちさん、教えてくださってありがとうございます~。写真ぎっしりの4ページ!文章も落ち着いていて好意的。英国出身の個性派男優と紹介されています。過去の出演作でのショーンの印象や、公私とも(笑)での苦労とともに積み重ねてきたキャリアの評価、これからも演技派として静かな歩みを期待したい、と丁寧に言葉を選んでくれてるよう・・。悪人と善人の微妙なさじかげんを演じるのがうまい男優ってのは頷けるじゃないですか・・(しみじみ)。これからのショーンの活躍を期待してくれてる感が伝わってきて嬉しいですね。ありがとうスクリーン。ありがとう大森さん(涙)。これからはスクリーンも買います!・・830円か、ちょっと高めなのね。。

あとはちょっとうかつでかわいい素な彼の魅力にも気付いて欲しいものです。望みすぎかなぁ。。

さてさて、チャレンジ続き(笑)。

さてフェラガー包囲中のイギリス軍。能無しシマーソンがまんまとかかった罠ともしらずに西壁攻撃準備です。ビッカーはえらそうに、インド兵が水分補給してさえ叱りとばします。おまえが働けっての!とそこへフェラガー外の森に潜むラオ軍からの砲撃が始まり、ビッカーはじめシマーソンもストークスも大慌て。まずはこの砲撃元を叩かないことには、西壁への攻撃準備もできないようです。

!!いきなりシャープのお腹のアップが出てきてびっくりしました(笑)!胸元もはだけてるし、いやーん、ウレシイvv。おへそのあたりはちょいたるんでます・・。そしてなんだかつるりとした胸がなんとも(照)・・・触りた・・。あ、ドッドに切られたわき腹の傷をハーパーが消毒してるんでした。シャープの顔が画面から見切れてて、白ブラウス捲り上げられてるお腹あたりのアップってのは、監督ちょっといかがなものかと(照)。しかも消毒がしみるのか呻いてます・・ハーパーにたしなめられて、口もと押さえたりして・・・かわいすぎる・・もうダメ(バタリ)。ささ、巻き戻し・・・(笑)。

私が消毒してあげたい。
・・ちょっと興奮しすぎて不審な感想になってしまいました(涙)。パットのポジションを狙うなんて、なんて身の程しらずなワタシ(反省)。。

消毒がしみて呻くシャープを嗜めつつ、手荒に消毒続行しつつ、ハーパーのお小言は続きます(笑)。「一兵卒があんな剣を使いますか!」「ちゃんとやられてみせただろ?」「たしかにね。あんな名演はMr.キンブルのコリオレイナス(シェイクスピア作)以来ですよ」嫌味も続きます(笑)。「おまえがMr.キンブルのその役が気に入りだとは知らなかったよ」と言い返しながらも分が悪いのでそそくさと立ち上がります。ハーパーはそんなシャープの反省を見て取ったのかいい笑顔です。ハーパーはちょい斜めからの顔がとてもダンディですねぇ。ハーパーが笑うと安心しますね。「あいつを殺せたのに」「そのときと場所は俺が選ぶ」うーんかっこいい決めセリフ。でもけっこうやられそうでしたけどね、大丈夫かしら??

シャープ宮殿から呼び出しあり。豪華で迷路みたいな宮殿廊下をきょろきょろしながら歩くシャープ。やがてたどりついた部屋は前にセクシーにも足まるだしマドヴァンティがドッドと一緒にいた部屋じゃないですか。マドの部屋なのか??いよいよ誘惑されちゃうのか(ドキドキ)?!壁にかかってるエキゾチックな絵(ヌード気味)を熱心に覗き込んでるシャープの背後にマドヴァンティがやってくる。彼女が説明するにはこれはVadavaka(the mare's trick)というどうやらカーマスートラの教えるところのひとつのようで(笑)大変な鍛錬が必要とのことです。「そうでしょうね」ってシャープ(笑)。訳がまた想像ですが、「やるより見てるほうがよさそうだ」みたいなこと言ってるみたいです。「騎馬隊の演習みたいに」

マドから誘惑されるシャープ。ドッドにわざと負けたのがマドにもばれてたようです。ドッドに万一のことがあった場合の保険にシャープを手元においておきたい様子です。うーん、マドものすごい顔近づけて、シャープはやや反り気味です(笑)。伏目だからわからないけど、きっとやや寄り目ですよ。そしてとうとうマドに寝椅子なのかベッドなのかに誘われるシャープ!マハラジャの妾だっただけあって、堂に入った誘いです。いろっぽく座ってるマドに対して、シャープは硬い顔で不動です。えらい。がんばれ・・。動かないシャープに「命令しましょうか?」なマド。「女性から命令はうけない」なシャープ。マドの誘惑を拒否したシャープ。えらい。ご立腹なマドに思いビンタを2発くらい、3発目をふりかぶったところでマドを捕まえてガブっとキスです~!

060407o.jpg
これこれ!

「コレが欲しかったんだろ?」おおぅ。字幕「Nice and Hard」ですけれど、私前に見た予告では「Hot and hard」だったように思い込んでおりました。自分でNiceって・・・(笑)。マドの誘惑をはねのけてシャープ退場。えらかった。でも確実にマドヴァンティの恨みを買いましたね。


一方シマーソン隊。こちらでは森に潜伏するラオ軍掃討にシン大尉が志願しています。夜の森では騎馬は役に立たない、と却下するシマーソンに対し、シン大尉はピンダリに両親を殺された憎しみを告白。シマーソンは戦争は個人的な復讐の場じゃない、と再度却下するも理由はどうあれピンダリの死体はイギリス軍のためになるはず、とくいさがるシン大尉。シマーソンもとうとう許可。

フェラガーの宮殿庭ではまた楽しげにガーデンパーティ(?)です。のんきな歌が流れる中でしたが、よく見るとグダンが地図を広げて戦闘準備中でした。そんな脇でドッドによりそうマド。シャープのことを告げ口したのかな?カンデラオはシリアと一緒に散歩しながらのんびり植物の説明なんてしています。仏陀がこの木の下で悟りを開いたとされる菩提樹をシリアに見せて、ラオはシリアにヨーロッパ以外の国にも数千年の歴史と文明があり、けして野蛮人などではないとうことを話します。やがてドッドからの伝言に呼ばれて立ち去るラオ。

ひとりになったシリアにシャープが物陰から話しかけます。シャープ、どこにいるの?鉄格子ごしにシリアに話しかけるシャープ。イギリス軍の攻撃が今夜にもあり、それに乗じて救出に行く、とうちあわせて立ち去ります。遠景になってわかりました。シャープが掴んでいたのは鉄格子じゃなくって、鉄柵のドアでした。そんな2人を目撃ラリマ。。

そうしてとうとうイギリス軍の砲撃開始。慌てふためくラオ兵のさなか、シャープとハーパーは大声で逃げる算段です。ハーパーは門でシャープがシリアをつれてくるのを待つ計画のようです。危険なところはみな引き受けようというのかシャープ、ハーパーが口を挟もうとするのを許しません。そんなシャープにハーパーはひとこと、「リチャード、気をつけて」うーん友情ですねー、短い言葉にも万感が。ハーパー素敵(え?)。シャープはその言葉に最高の笑顔で答えるのみ。あぁ、素敵な笑顔ですよ!カメラさん、どうしてアップにしてくれないの~(絶叫)!!!

いよいよはじまりましたフェラガー決戦。シャープはシリアを救出して砦を脱出することができるのか?そしてイギリス軍はフェラガーを攻略できるのか?

現在92分/136分。
いよいよ大詰め?!
いや大詰めだってば(笑)!





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://berry9.blog4.fc2.com/tb.php/430-a37fe53b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。