ニドネ&ヒルネ
寝言&たわごと&好きなこと ゆっくりショーン・ビーン熱愛お休み中・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つまらぬ女
The Complete Sean Beanさんにニュースが出ました。「Faceless」ボツ(涙)のニュースは残念なのですが、新作のニュースで救われます(笑)。オスカー・ワイルド原作の「A Woman of No Importance」日本語では「つまらぬ女」とか「取るに足らない女」と訳されるようです。共演はアネット・ベニング、リンジー・ローハン、監督はヤヌス・カミンスキ、脚本はハワード・ハイメルスタイン。撮影は今秋からですって!
監督のヤヌス・カミンスキーはallcinemaによるとスピルバーグ作品を数多く撮影しているようです。奥さんはホリー・ハンター。

脚本のハイメルスタインという人は、やっぱりワイルド原作で映画化された「理想の女(A Good Woman)」の脚本も手がけていました。そして今回はつまらぬ女とは面白いですね。

アネット・ベニングはショーンを引っ張ってくれそうで安心感がありますが、リンジー・ローハンですか!かなりな年上男性との恋愛遍歴が話題ですが、ショーンはどうでしょう(笑)。・・ショーン、リンジーは手に負えなさそうですね・・(小声)。リンジーは音楽シーンでも活躍している10代のポップ・アイコンとのことですし、ショーンとの共演はきっと長女のローナちゃんが喜ぶことでしょう(笑)。私もなんだかとても嬉しい。リンジーと並ぶことありますように。どんな画になるのかしら。

A Woman of No Importanceの有名な一節というのを見つけました。

he soul is born old but grows young.
That is the comedy of life.
And the body is born young and grows old.
That is life's tragedy.
A Woman of No Importance
心は老いて生まれ、若くなっていく。
それが人生の喜劇。
そして体は若く生まれ、老いていく。
それが人生の悲劇。
なんでもない女

このお話知らないのです。
どんな作品なのか読んでおきたい。
英語の本だと
The Best of Oscar Wilde」ですとか、
A Woman of No Importance 」というのを発見。
というかいっぱいある(検索結果)。
・・・英語かぁ。。ショーンのためなら読みきれるか??「Sharpe's Cut」だってまだ写真しか眺めてないのに???そういえば、ショーンが表紙だから買った「Macbeth」だって読了してないのに・・・(涙)。

翻訳本は??と探していたらばなかなかみつからない、と驚愕の高額本発見!なんだこりゃ(笑)!

図書館で探そうかな(笑)。

追記
図書館で発見しました。
参考までに。

オスカー・ワイルド全集 2
著者名 : オスカー・ワイルド/著,西村 孝次/訳
出版者 : 青土社
出版年 : 1989

ヴェラ、実は虚無主義者たち パドヴァ大公妃 聖娼婦 フィレンツェの悲劇 王の愛のために ウィンダミア卿夫人の扇 つまらぬ女 理想の夫 まじめが肝心
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰です~!(遊びに来てたんですが、ずっとロムってました、、、すんまそん><)「理想の女」は見たのですよー^^かなり面白かったんで、是非こちらも見たいデス☆・・しかしリンジー ローハンかあ・・実は好きくない・・・(爆)豆氏の好演に期待しちゃいます~^^オスカー ワイルドの作品はどれもこれも良質ですよね。さすがミスター・ダンディズム。(顔は別として。爆)
2006/05/30(火) 15:57:41 | URL | えむ #-[ 編集]
おぉ!
えむさん、こんばんは!こんなとこまでありがとうございます(笑)。そしてお誕生日おめでとうございました!どうぞ素敵な一年をvv。

「理想の女」ご覧になってたのですか、さすがです!「つまらぬ女」も封切られたらぜひぜひ見てくださいませ。今日オスカー・ワイルド全集2ってのを借りてきました!まずは「つまらぬ女」を読んでみます。となりに「理想の夫」ってのもあるんですけれど、シリーズもんなのだろうか・・・??
2006/05/30(火) 20:13:15 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://berry9.blog4.fc2.com/tb.php/422-0cfe3b6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。