ニドネ&ヒルネ
寝言&たわごと&好きなこと ゆっくりショーン・ビーン熱愛お休み中・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メトロポリス
メトロポリスっていうフリーペーパー知ってます?「JAPAN'S No1 ENGLISH MAGAZINE」と表紙に書いてあります(笑)。

日本に滞在する外国人のための情報誌のようです。大手CDショップにおいてあるのをたまに手に取ったりしています。記事はほぼ英語なので、書いてある情報めあてに読むわけではないです。しかし。このペーパーには非常に面白いコーナーがあるんです。いわゆる「○○募集」。これが充実しています。不用品の売買から、不動産、各種スクールなどなど。なかにはもろに「HELP ME!」ってのもあります(笑)。そしてもちろん友人・恋人募集も。英語って言葉はかなり直裁的だと思うわけです。あからさますぎてあっけらかんとしてかえって可笑しい。たとえば「Very muscular male,28,172cm,attactive careing affectionate caucasian,blue eye,living in ODAWARA, seeks gorgeous Japanes girl,20-28, for relationship」でこのあと連絡先のメールアドレスが書いてあります。えー、「28歳、172cm、マッチョでやさしい魅力的なブルーアイの白人です。20-28歳ぐらいの素敵な女性とのおつきあいをもとめてます。」みたいなもんでしょうか。もひとつ「Let's go out.One not-bad-looking,honest JM seeks a fun girl to hang around with on the weekend」ルックスまあまあの誠実な日本人男性です。週末に一緒にでかけられる楽しい女性探してます。ぐらいかな。JMってのはJapanese Male の略語でJFはfemaleで女性です。日→外、外→日、とどっちもあるわけです。あとひとつ「Do you like kissing?Me too.Frendly American,30s,attractive,athletic,wants to share kissing and hugging with a cheerful,warmhearted girl.Shall we got to an onsen together?」いやーはずかしくって訳せませんよ。。ね、面白いでしょう?そして簡単な英語を使っているのでとても勉強になります。これがもうびっしり。自分でそこまで言う?ってなぐあいのアピール度ですよ。ぜひ一度読んでみてください。私にもう少しアバンチュールを楽しむ遊び心があれば、ちょっと応募してみたいのもあります(笑)。ま、小心者なのでこっそり楽しむだけですが。。。

で、ついよけいなところに力が入りましたが、本題はここからです。この雑誌に公開映画の紹介&評価のページがあります。そうです。「TROY」の話ですよ!長くないので全文掲載。こういうのだめなのかな?「This dreary,sweaty-torso,sword-and-sandals adaptation of Homer's archetypal man-saga about war's awful allure is epic but not intimate.The battle scenes are monumental but unfocused,the simplified,speechifying characters poorly developed,and the gods are left out entirely!」えー、なんとなくけなされてるのは私にも伝わってまいります。それじゃだめ?間違い承知で適当訳は、「ホメロスの古典、戦争に魅せられた英雄譚を、汗と鍛え上げられた肉体、剣とサンダルで脚色した叙事詩だが凡庸。戦闘シーンは大掛りだがピントハズレで単純、演説者はこなれてなく、そして神々はまったく無視されている。」(汗)intimateやらdrearyはなんて訳すればいいんでしょ。辛い。。最後に一言いいたいがために、この苦難も耐えなくては!で次。「Brad Pitt is hunky enough but lacks the gravitas to pull off the vainglorious media whore Achilles,more close resembling a surfer-dude outlaw biker.」「ブラピは逞しくセクシーだが自惚れの強いアキレスから脱皮するほどの引力はない。どちらかといえば放浪を気取るアウトローのバイカーに近い」・・・適当すぎ?わからん。。「I was never able to forget it was a movie.」どういう意味でしょう。嫌味ですよね??しかーし!いよいよようやくここにきて言いたかったことにたどりつきました。ここですここ、ここが大事。「Bright spots:Peter O'Toole's Priam,Sean Bean's Odysseus.」どうですか!ブライトスポットですよ。さんざんけなした辛口批評家といえども、ショーンはすばらしかったんですね(嬉泣)。ありがとう!ありがとう!
わからん英語を適当に訳して恥を書いてもこの感動を書き記しておきたかった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://berry9.blog4.fc2.com/tb.php/27-01f91331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。