ニドネ&ヒルネ
寝言&たわごと&好きなこと ゆっくりショーン・ビーン熱愛お休み中・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マクベスの噂
映画「マクベス」について噂が再燃しているみたい。以前にIMDBでショーンの名前が出ていたことがあったけど、コンプリさんは無関係とアナウンスしたはず・・。ところが、ショーン自身が言及しているインタビューがあるらしくて信憑性が出てきたみたい。でもまずはショーンのマクベスDVDにしてほしいなぁ。




<ご注意>
また自習なので見逃してください。
見てしまったらば添削ください。
間違い多数を先に言い訳しときます。

手がかりその1
BeanBoxさんより(05/10/10)

Delta Airlines Sky Magazine
デルタ航空の機内雑誌



SKY: Tell us about North Country.
Sean Bean: [The film] is basically a true story about these women who brought a class-action [suit] against the steel company because of the abuse they suffered. It’s a very moving story. It’s a very gritty, very sort of hard-hitting, but very poignant tale. Such good characters. It’s almost like a play. A really good piece of theater.



SKY「North Countryについて教えてください」
ショ「この作品は虐待を被った女性たちが鉄鋼会社を相手に集団訴訟を起こした実話に基づくんだ。とても大胆で強烈だけど、すごく心に訴える話だ。魅力的なキャラクターたち。まるで戯曲のようだ。本当に演劇のいい要素なんだ。

→abuse(虐待)、grit(機械の故障となる小石)、gritty(勇気ある・大胆な)、poignant(痛烈な・強く心に訴える)

SKY: And you play a sympathetic character—for once?
SB: Yes. He’s the boyfriend of the Frances McDormand character. He’s quite an easygoing guy, and he’s had to retire from an injury from work.


SKY「そして今度(だけ)は彼女たちに同情的な役?」
ショ「そう。フランシス・マクダーマンド演じる役の恋人役だ。彼はとても穏やかな男で、怪我がもとで仕事を辞めたんだ」

→for once(こんどだけは)

SKY: Now you’ve also got Flightplan, in which you play the captain.
SB: Yeah. I’m the captain and sort of trying to keep things together. Calm in this sort of very intense situation, which starts getting out of hand very quickly.



SKY「そして機長役のフライトプランがありますね」
ショ「うん。私は機長で、この極限状態をなんとか冷静に対処しようと努力するんだ、すぐに手におえなくなるけれどね。」

→intense(激しい)

SKY: You had the rare opportunity to work with Jodie Foster. She doesn’t make as many films as she used to.
SB: No. But she’s really good in this. She’s very intense. Very focused on what she’s doing. And it’s really good working alongside her, because she raises your game as well.



SKY「あなたはジョディ・フォスターと共演するという貴重な機会を得ました。彼女は前ほどたくさんの作品に出ていないですね」
ショ「この映画の彼女はほんとうにすばらしいんだ。彼女はとても熱心で、演技に集中するんだ。彼女にひっぱられて、本当にとてもいい影響があるんだ。」

→game(調子)

SKY: You’ve worked with some heavy
hitters in this business. Is there any one person you’ve learned more from than others?
SB: John Hurt. Just watching him and seeing how he reacted. Pete Postlethwaite. He’s a brilliant actor. And recently, I’ve worked with Peter O’Toole [in Troy], whom I’d always wanted to work with, and whom I admire. He’s very much his own man and quite incredible. Mesmerizing. He’s always been a hero of mine, and it’s good to work with him.



SKY「この仕事をしていて、一番影響を受けた人は誰ですか?」
ショ「ジョン・ハート。彼がどう反応するかを見ているだけで勉強になる。Pete Postlethwaite(←読み方わからず)。すばらしい俳優だ。そして最近ではトロイで、憧れていたピーター・オトゥールとの共演が実現したんだ。彼は自分のやりたいことをやり、そしてすごくとほうもない人だよ。魅了されているよ。彼はいつだって私のヒーローだったし、彼と共演できたことはとてもよかった」

→one's own man(自分の意思で動く)、mesmerize(催眠術をかける)

SKY: Well, we have to ask about Lord of the Rings and Boromir.
SB: It was quite a long time before I got the part. And eventually, I got the offer, and I was so overjoyed, of course. I didn’t realize at the time I don’t think any of us realized at the time how big it was going to be. Monumental.



SKY「さて、ロードオブザリングとボロミアについてはなさなくては」
ショ「役を得るまでにはずいぶんと長くかかったんだ。そうしてついに、オファーをもらって、大喜びだよ、もちろん。そのときにはこれほど歴史に残る大作になるとは、私はもちろん、誰も思ってはいなかった。」

→monumental(記念となる・不滅の・途方もない)

SKY: In less capable hands than Peter Jackson’s, a movie like that would have been a disaster.
SB: He’s a very shrewd guy. Very funny, very easygoing, very imaginative. He knows what he wants with each shot.



SKY「」
ショ「彼はとても才能ある男だ。そしてとても愉快で、すごく穏やかで、またすばらしく想像力があるんだ。彼はどんなシーンでも何が欲しいのかをわかっていた。」

→shrewd(敏腕の) 質問の意味がよくわからない(涙)

SKY: There isn’t as much screen time for Boromir as there is for some of the other characters, and yet it’s a crucial role, because he establishes what’s to come in the rest of the trilogy.
SB: They did sort of tend to be very dramatic moments, when I sort of lost control, and I think it was a benchmark for how powerful this ring was, especially for humans, who were highly susceptible to its powers. And I enjoyed playing the tortured the tortuous, troubled man that Boromir was.



SKY「他のキャラクターに比べるとボロミアの出番はそれほど多くないけれど、この先続くトリロジーにおいて、何が起こるのかを定めた重要な役割でしたね。」
ショ「私(の演じたボロミア)がある意味正気を失ったときはとてもドラマチックな瞬間となった。特に指輪の力に影響を受けやすい人間にとって、この指輪がどれほど力を持ったものかを示す基準になったんだと思う。そして私は苦しみに苦しんで、悩める男、ボロミアを演じることを楽しんでいたよ。」

→benchimark(基準)、torture(苦痛・拷問)、tortured—the tortuousは熟語でありそう?

SKY: Tortured, troubled . . . do you ever want to play comedy?!
SB: [Laughs] I’d love to! Something lighthearted.



SKY「苦悩し、悩める・・・コメディをやりたいと思ったことはありますか?」
ショ「(笑)ぜひ!なにか陽気なのをね。」

SKY: It would be nice to flex some different acting muscles.
SB: Yeah. It would be. Smiling a little.



SKY「いつもと違う演技力を使うのはいいですね、」
ショ「うん。そうだね。少しだけ笑うんだ。」

→acting muscleって・・・??演技の筋肉(笑)?

SKY: Well, you got to flex some different muscles after Lord of the Rings, some stage muscles, if you will. I understand you played Macbeth on the London stage?
SB: Yeah. That was quite an experience.



SKY「さて、ロードオブザリングのあと、舞台という映画とは異なる演技の力量を見せましたね。ロンドンでマクベスを演じたと聞いていますが?」
ショ「そう、すごい体験だった。」

SKY: Why did you choose Macbeth?
SB: It was just something I’d always wanted to do. I saw Ian McKellan and Judi Dench play Macbeth and Lady Macbeth when I was about 17, 18. And that was the reason that inspired me to act.



SKY「どうしてマクベスを選んだのですか?」
ショ「ずっとやってみたかっただけだよ。17か18ぐらいのときに、イアン・マッケランとジュディ・デンチが演じたマクベスとマクベス夫人を見たんだ。そしてそれが私が演じるということことに刺激を受けた理由なんだ。」

SKY: And then you ended up working with Ian McKellan.
SB: Yeah. And it was great. Just to talk to him about Macbeth. And I talked to Peter O’Toole and exchanged stories, because it’s such a fathomless piece, and it’s a fathomless character. And you never feel that you can get to the bottom of it. No matter what you do, there’s always something off there to be discovered. But that was a big reason why I started acting, and that’s why I wanted to do a Macbeth. I was in New York, and I went out and got the play from the bookshop. I just happened to think, “I’m going to go get it and read it again.” And then I rang my agent, and I said, “Do you think any chance of getting this together and doing it on the London stage?” And then she got in touch with Sonia Friedman, who’s a producer in the West End. And we got it together and did it about two years ago, and fulfilled my biggest ambitions, really.



SKY「そうしてとうとうイアン・マッケランと共演することになったのですね。」
ショ「うん。彼とマクベスについて話すことはすばらしかった。そしてピーター・オトゥールともストーリーを話し合った、だってこれほど語りつくせない一片、語りつくせないキャラクターだしね。決して理解しきれたと思うことはない。どうしたって必ず発見がある。でもこれが私が演技をしようと思った大きな理由だし、またマクベスを演じようと思う理由なんだ。私はNYにいて、古本屋に出かけ、この戯曲を手に取った。そして思いついた、「初心にかえり、もう一度読み直してみよう」それからエージェントに電話して言った「ロンドンでマクベスをやれるかな?」そして彼女はウエストエンドのプロデューサー、ソニア・フリードマンに連絡をとってくれた。それから計画をたてて、2年前に実現して、私のおおいなる野望は達成されたんだ。

→end up ~ing(ついに~することになる)、fathomless(測りしれない)、to go get it (?)geto-goははじめから、なんだけどな。get together(計画する・つきあう)

SKY: How did you see the character?
SB: I think he’s a man that is very successful, and he has everything. They’re like David Beckham and Posh Spice in the beginning. Everybody loves them. They’re good-looking. They’re young. They’ve got everything. I think it’s just a power, you know, that they’re just chipping away, and then just a little bit more. And the imagination, especially for Macbeth it’s a wonderful thing, imagination, but in his case it became, you know, he became paranoid. It was, you know . . .



SKY「マクベスをどのように理解したのですか?」
ショ「彼はとても成功した、すべてを手にした男だと思う。彼らは最初ディヴィッド・ベッカムと優雅なスパイス(スパイスガールズ出身のヴィクトリアのこと??)のように。彼らは誰からも愛され、彼らは美しく、若い。彼らはすべてを手にするんだ。それはまさに権力だと思う、そしてそれを少しずつ欠いていく。そして、マクベスは妄想にとりつかれ、しかし彼の場合、いわゆるパラノイド(偏執症)となる。知っての通りそれは・・

→posh(優雅な・一流の)、chip(削る)、paranoid(偏執症・妄想症)

SKY: Too potent.
SB: Yeah. And you just take it a little bit further and a little bit further, and [he’s] being egged on by his wife, who then loses her mind. And then he just loses all respect for her. And in the end he just dwells in the evil of it, being disturbed and paranoid, and he embraces that in the end and believes he’s invincible, because he thinks there’s just nothing left: “I don’t care, I don’t fear anything.”



SKY「強力すぎた」
ショ「そう。そしてそれは少しずつひどくなり、そして彼は、やがては正気を失う彼の妻にそそのかされているんだ。それから彼は、彼女への敬意をすべて失う。そしてついには彼は不安と妄執のまま悪と罪とに居場所を定め、失うものは何もなくなった彼はそうして最後に自らを無敵だと信じ込む。「もうどうでもいい、何も恐れはしない」

→dwell(住む)、disturb(混乱させる・不安にする)、embrace(受け入れる)、invincible(無敵の)

the evil of it のitがわからん。

SKY: So I imagine, after Lord of the Rings, there must’ve been a bit of a letdown; how nice for you to have something to sink your teeth into.
SB: Yeah. It was. It was good to go ahead and plunge into something. Which I did, because I had not done any theater for about 13 years. So I was sort of jumping in the deep end, and I knew it. It was very consuming. It just takes over your life for a few months, really. It’s one of those parts that you just live with. But it was great. And talked to Ian McKellan about his version of things. Everybody’s a bit protective, I think.



SKY「ロードオブザリングの後は気が抜けたのではないかと思いますし、(マクベスに)熱心に取り組むことはあなたにとって素敵なことでしたね」
ショ「うん。前進してなにかの飛び込むってことはいいことだよ。およそ13年間も遠ざかっていた舞台だったから。深みに飛び込んだみたいだったよ、わかっていたけれど。数ヶ月間は他のことは考えられず、身を焦がすようだった。生活の中でも頭を離れることはなかった。でもすばらしい経験だった。イアン・マッケランと彼のマクベスについて話したことも。みんな少しばかり口が堅いけれど。」

→sink one's teeth into(かぶりつく・熱心に)
取り組む、~に夢中になる)、plunge(突っ込む)、consuming(激しい)、take over(取り上げる)

うーん、後半さっぱり不明。protective(保護)・・。

SKY: Trade secrets, huh?
SB: [Laughs]. Yeah. I don’t know why. [Even] myself, a bit, you know. I think it’s because it has such an impact on the actors that play it. They almost don’t want to talk about it too much.



SKY「企業秘密?」
ショ「(笑)そう。どうしてかはわからない。自分もちょっとそうかな。思うに、マクベスを演じることは役者にとってすごく影響があるんだ。彼らはほとんど多くを語りたがらないよ。」

→Trade secrets(企業秘密)、impact(衝撃・影響)

SKY: Afraid of anything bad happening?
SB: [Laughs]. Maybe.



SKY「なにかよくないことが起こるとおそれている?」
ショ「(笑)たぶん。」

SKY: Do you think, since you’ve done this, that you’ll return to the stage more often?
SB: I hope so. Maybe in the next year or two, I’d like to do it again, because it’s so refreshing and so different, and it’s enjoyable: You get your days off, you work nights, you get to lay in bed the next morning. [Laughs] And apart from that, it’s good for you.



SKY「マクベスを演ってみて、これからはもっと舞台に立とうと思いますか?」
ショ「そうしたい。来年か再来年、もう一度やりたい。すごく新鮮でまったく違った経験だし、すごく楽しいんだ。昼は休んで、夜働いて、翌朝寝るんだけど(笑)。それは別として、すごくいいことだよ。

→youってインタビュアのことじゃないよね、一般論?英語の壁め・・・。

SKY: There’s nothing like that connection to a live audience.
SB: There is something quite magical about it, in that it’s quite stirring. So we’ll see how that goes. I’d like to do it again. Not Macbeth, but I’d like to do Macbeth on film.



SKY「生の観客と触れ合うのは最高でしょうね。」
ショ「魔法のような魅力であって、すごく興奮する。演技の結果をすぐに知ることができるんだ。もう一度やりたいよ。マクベスじゃなくていい、でも映画でマクベスもやりたいよ。」

→stirring(興奮させる・感動的な)

SKY: Unless Kenneth Branagh beats you to it, so you’d better hurry.
SB: Yeah. Yeah. Don’t mention. [Laughs] I think there are a few people trying to get it together at the moment. I think there are a couple of scripts knocking around. A couple of friends and myself, we’ve got a good script at the moment. It’d be great to take another crack at it.



SKY「ケネス・ブラナーに先を越されないように急いだほうがよいのでは?」
ショ「そうだね。どういたしまして(笑)。いまのところ何人かの人が計画していると思う。2、3の脚本が読みかわされていると思う。友人と私自身は、今のところいい脚本を手に入れている。すばらしい挑戦になると思うよ。」

→beat a person to it(出し抜く)、Don't mention it(英:どういたしまして)、get together(計画する・つきあう)、at the moment(今のところ)、knock around(ぶらぶらしている)、crack(ひび)、try(have) a crack at(やってみる)

SKY: Is there anything else in particular that you’d like to take a crack on stage, on film, on TV?
SB: At the moment I just want to stay at home and watch television on the settee. [Laughs] But I’ve not got any particular role I have in mind; I like getting surprised by things that come up and challenges that come up. I think Macbeth was the one, the one I always wanted to play, and I did it. I was very proud of that. And very gratifie



SKY「舞台でも、映画でも、TVでも、他に特にあなたがやってみたいことはありますか?」
ショ「いまのところ、家にいて、ソファでテレビを見ることぐらいしかないよ(笑)。やってみたい特別な役があるわけでもない。びっくりするようなことがやってくるのは楽しみだし、そうしたことに挑戦したいと思う。マクベスは唯一のものだよ、唯一私がずっとやってみたかったものだし、そして実現した。すごく誇らしかった。そしてとても満足している。

→gratifie(gratify、満足させる、喜ばせる)

手がかりが最後にちょっとだけだったなんて、ちょっと疲れが出てしまいました(笑)。前置きが長いよ!前置きじゃないのか・・。ショーンは脚本の選定にも関わっているのでしょうか。友人と計画中なんですね。あんまり信憑性のある情報ではなかったかも(笑)。ケネス・ブラナーはライバルなんですね(笑)。

手がかりその2
コンプリさんの記事

When contacted in September 2005, a spokesman for Sean confirmed that Sean was aware of the Dunsinane project, but he was not attached to it.



2005年の9月に接触したときには、ショーンの広報はショーンがダンシネン・プロジェクトは知ってはいるが関係はしていないと認めた。

Update: 13 Oct 2005.
During interviews at the premiere of the movie North Country, Sean indicated that he was involved in the development of a filmed version of Macbeth. He mentioned he was aware that there were several scripts
for a screen version of Macbeth floating around, and that his was being put together by "a couple of friends".



2005年10月13日更新
North Countryのプレミアにおけるインタビューにおいて、ショーンは映画版マクベスの展開に関わっていることを示唆した。彼は映画版のマクベスの脚本が数本周囲にあり、彼の脚本は「数人の友人」によってまとめられていることに触れた。

→put together(まとめる・組み立てる)

A new interview surfaced in the week ending October 14, in which Sean mentioned two actors - Brian Cox and Peter O'Toole - who were also involved in the proposed Macbeth film, and he added that the
project was looking for a director.



週末の14日に新しいインタビューが表にでて、そこでショーンは、ブライアン・コックスとピーター・オトゥールの2人の俳優がやはり映画版マクベスの計画に関わっていることについて触れている。そしてさらにこのプロジェクトが現在監督を探していることも付け加えた。

051017a.jpg

シャープのホーガン大佐であって、トロイのアガメムノン。ショーンにとっては古くからの先輩だろうなー。

051017b.jpg

憧れの人、ピーター・オトゥール。再共演できたらさぞかし嬉しいだろうなー。

051017c.jpg

ブライアンとピーターのトロイプレミアの写真があった。左からサフロン、ピーター、エリック、ブラピ、ブライアン。かな?

In a second interview, Sean gave more clues, and included the names Nick Saunders and Ioan Grufford. Intriguingly, he added that Vince Regan had written this particular adaptation, and said that they'll be ready to roll "soon".



2番目のインタビューでショーンはさらに手がかりとしてニック・サウンダースとヨアン・グリフィスの名前を残している。興味をそそることには、ヴィンス・リーガンがこの特別な脚本を書き、彼らは「すぐに」動き出せるだろうということだ。

→intrigue(好奇心をそそる)、adaptation(脚色・改作)

051017d.jpg

Ioan Grufford
ヨアンってこんな綴りなん?私が読んだら、イオアン・グルフォード。誰(笑)!?ホーンブロワーで、ランスロットでゴム男だ。

051017e.jpg

ヴィンセント・リーガンはエウドロスだよね。IMDBではすでにTVマクベスでダンカン役と表記してあって、この作品はすでに編集に入っているらしい。ほんと?これはDunsinane projectとは別物なんだろうか。

051017f.jpg

エウドロス(笑)。小汚いワイルドな面構えに澄んだ青い瞳が印象的でした。

ファンサイトさんがありました。彼ってワイルドだ。

そしてニック・サウンダース(だかサンダース)さんはIMDBでMiscellaneous Crew(雑用係??),TROYと書いてある。さらにみるとassistant: Orlando Bloomらしい。オーランドの付き人?メンバーからしてトロイの現場がダンシネン・プロジェクトの震源地なんだろうか。。。ショーンがひとりで真に受けて楽しみにしていたなんてことになりませんように!

Is it Dunsinane? Stay tuned...



ほんと目が離せない。また落ち着かないよね・・・。


手がかりその3
MSNドイツのインタビュー映像

これがコンプリさんでいうところの14日のインタビュー。うーん、ヒアリングにはさらに問題が・・・。

またいずれ英語mascleがついたら読み直そう。
今日もスポーツクラブでコーチに言われた。「毎日の積み重ねですから(爽)!」引き締まった体も英語力も日々これ鍛錬なのはわかってるんだけどなー。。。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
マクベスについて色々手がかり、ありがとうございます!
コンプリさんの記事は読んだんですが、他は知りませんでした。こちらの記事を参考に、少し努力してみますね。
ショーンは共演者について色々話してるようですが、これってしゃべっちゃって良いのでしょうか…

>ショーンがひとりで真に受けて楽しみにしていたなんてことになりませんように!
そんなの悲し過ぎます~(笑)
2005/10/17(月) 23:33:34 | URL | Khanakana #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/10/17(月) 23:43:26 | | #[ 編集]
心配で心配で(涙)
Khanakanaさん、こんばんは。マクベス、ショーンが楽しみにしているのなら実現してほしいですよね、もう心配で(笑)。共演者たち、このショーンのコメントを聞いて「しまった(本気にしちゃったか!)」とかでもいいから前向きにお願いしたいものです~。

でもまずは2年前のショーンのマクベスをDVDにしてほしー!!
2005/10/18(火) 21:34:12 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
いやはや
もう、長いだけで穴だらけでして、お恥ずかしい。がんばっているのですが、やっぱり単語&熟語を知ってないと英語はだめですねー(涙)、ほんと日々これ鍛錬とは思っていても、苦しい戦いです・・。私も単語集買おうっと!

マクベス、実現してほしいなぁ。もっとすぱっと短く「マクベス決定!」とかの記事をお願いします(笑)。
2005/10/18(火) 21:38:39 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://berry9.blog4.fc2.com/tb.php/244-7a27ea30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。