ニドネ&ヒルネ
寝言&たわごと&好きなこと ゆっくりショーン・ビーン熱愛お休み中・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
UK Marie Claire November issue
051009b.jpg


Misaさんとこで教えてもらったBeanBoxさんLJさん沸騰の「UK Marie Claire November issue」。あいかわらず、思わず照れるアイドルのようなシチュエーションのショーンの写真(最高)とすごく面白い(らしい)インタビュー記事なのです。

コンプリさんにもインタビュー記事が掲載されていました。内容については現在進行形でMisaさんが訳してくださっています!ありがとうございます~。私も自力でがんばってみようとは思ったんですよ!数行で迷宮入りしてしまいましたが・・・(涙)。

インタビュー内容は楽しみにMisaさんの記事をお待ちするとして(いつも頼ってすみませんです)、写真!!!

051009f.jpg

素敵。いつもかわいいとかうっかり言っちゃうのですが、彼は男っぽくてセクシーなんです。

051009d.jpg

そして爽やかなセクシーでもあるのです!

051009c.jpg

ガキっぽいキュートなセクシーだし(惚)。

051009a.jpg

む、無邪気に水と戯れるセクシー(うっとり)。

051009b.jpg

うわーやっぱり可愛いじゃないですかー(泣笑)。

欲を言えば、頭から濡れて、ちょっと掻きあげてほしかったなぁ~。・・・いやらしいですか(笑)?

051009e.jpg

ずぶ濡れで歩み去る男。腕の開きぐあいとややがに股?ぐあいが男らしい!でもカワイイ!なんで?

この雑誌は欲しいなぁ。いつ日本で買えるかしら?






えー自習コーナーです。
見なかったことにしてください。
もしご覧になって間違いを見つけましたら私の英語力向上のためにも教えてください(願)。


'I'VE ALWAYS FELT LIKE AN OUTSIDER.'

「いつもよそ者はみだしものだと感じていたよ」

→outsiderはよそ者じゃなくってはみだしもの、異端の意味のがよさそう。⇔insider(正統)らしい。

With three marriages behind him and an enviable spot on Hollywood's hot list, it's hard to believe Sean Bean still hasn't found what he's looking for. But maybe that's the way he wants it. By Harvey Marcus. Photographs by Jillian Edelstein.

3度の結婚を経験し、ハリウッドで注目される俳優の中でも羨ましがられるポジションにいながらも、ショーン・ビーンは彼が捜し求めているものをまだ見つけられない、と言うのは信じがたい話だ。しかしながらそれが彼の求めるやり方なのだろう。
記事:ハーヴェイ・マーカス
写真:ジリアン・エデルステン

→enviable(羨ましい)

Surely, there's rarely been an occasion when Sean Bean's acting talent has been more appreciated. It's close to midnight on a Friday and we're both sat slouched, a little worse for wear, in the now empty Welcome Chinese restaurant in Hampstead, north London. We don't know whether we want to go home or go on, but we both know it's time to leave. A bottle of sake stands upside down in a silver bucket. The restaurant's owner, the one remaining waitress and a tank full of oversized goldfish watch on as Bean starts talking into his mobile and delivers one of his finest performances to date. For me, it was the point in a long evening when I finally got to know what the 46-year-old actor was all about.


確かに、ショーン・ビーンの演技力がより評価される機会はまれだった。真夜中も近い金曜の夜、北ロンドンハムステッドのチャイニーズレストラン「Welcom」で、2人ともやや疲れてだらしなく座っていた。私たちはもう家に帰るべきかまだ続けるべきかわからずにいたが、ただもうここを出るべきことはわかっていた。酒のボトルが銀のバケツにさかさまに突き刺ささっている。店のオーナーとたったひとり残っていたウェイトレス、そして水槽の太った金魚たちが、携帯に向かって話す、というビーンの最新のすばらしい演技を見詰めていた。私にとってそれは、この長い夜のひとときを経て、とうとうこの46歳の俳優の本質を知りえた瞬間だった。

→slouch(前かがみに・だらしなく)、be the worse for(くたびれて・着古されて)、sake(酒・日本酒)、to date(今まで)

Four hours earlier, and I'm sat in his local pub, calling the mobile number I'd been given by his publicist in case of an emergency, thinking about that advert he does ('O2. See what you can do') and all I'm getting is voicemail - not even those slightly menacing, south Yorkshire vowels that seduce and threaten at the same time, but a pre-recorded message. On a different network. He's already an hour late.

数時間前、私は彼の地元のパブにおり、彼の広報担当が緊急時のためにと教えてくれた携帯番号を、彼のやっている携帯電話会社02のコマーシャルのことを考えながらコールしていたが、聞こえたのは誘惑と同時に脅すようなやや威嚇的な南ヨークシャー訛でさえなく、録音された留守番メッセージだった。別のネットワークで。彼はすでに1時間遅刻していた。

→menace(脅す・威嚇する)、vowels(母音)
On a different network. って???

We'd met a few weeks earlier, at the European premiere for 'The Island'. Bean had stood onstage at the Odeon in Leicester Square, seeming awkward and uncomfortable beside his co-stars, Ewan McGregor and Scarlett Johansson. Later that evening, at the aftershow party, he was with his daughter, Molly. (He has three daughters: Lorna, 18, and Molly, 14, by actress Melanie Hill of 'Bread' fame; and Evie, seven, by Abigail Cruttenden, who played Bean's wife in 'Sharpe'. His first marriage, to his Sheffield sweetheart, ended soon after he moved to London.)

私たちは「アイランド」のヨーロッパプレミアで数週間前にも会っていた。ビーンはレイチェスタースクエタのオデオンの舞台に立ち、共演者のユアン・マクレガーとスカーレット・ヨハンソンの隣でぎこちなく、落ちつかなげに見えた。その夜のパーティで、彼は娘のモリーを連れていた。(彼は「Bread」の女優メラニー・ヒルとの間にローナ18歳、モリー14歳、そして「シャープ」でビーンの妻役を演じたアビゲイル・クルッテンデンとの間にエビー7歳、と3人の娘がいる。シェフィールドでの恋人との最初の結婚は彼がロンドンに引っ越してすぐに終わりを迎えた。)

Bean had refused to smoke in front of Molly, and didn't seem to relax until she'd gone to bed - then he talked about football and how he liked the song 'West End Girls' by the Pet Shop Boys, and was amused when the skin-hugging, black-rubber fetish dress worn by his new girlfriend, 27-year-old actress Georgina Sutcliffe, began to rip and ride towards her thigh as a result of her exertions on the dancefloor. [Editorial comment: Hmm, classy.]

モリーの前では煙草を吸わず、まるで彼女が家のベッドで休むまでは落ち着かないようだった。それから彼はサッカーの話をし、ペットショップボーイズの「West End Girls」がどうして好きかを話、彼の新しいGFである27歳の女優ジョージーナ・サトクリフの肌を締め付ける黒いラバー素材の独特のドレスが、ダンスフロアで踊りすぎたせいで腿まで裂けてしまった裂けはじめたのを面白がった。(編集コメント:うーん、いい趣味だ)

→fetish(特定の物を崇拝すること)、rip(綻びる・裂ける)、thigh(腿)、exertion(努力)、classy(センスある、おしゃれな)

・・・ジーナったら。

The next time I see him is at the 'Marie Claire' photo shoot. He's professional and accomodating, if a little uneasy at the photographer's suggestion that he jump, fully clothed, into the pool. In some ways, Bean's sense of self-awareness and diffidence seems more appropriate to a younger man. But then he'll tell you that, afterwards, he has a lunch date with his hero, Peter O'Toole, who he met on the set of 'Troy', and you're reminded that this is an actor whose TV and film career has spanned more than two decades - from the rumpy-pumpy of 'Lady Chatterly' and 'Sharpe', through 'GoldenEye', Boromir in 'The Lord of the Rings', and now a string of upcoming movies, including lead roles beside Jodie Foster in 'Flightplan' and Charlize Theron in 'North Country'.

それから「マリ・クレール」の写真撮影で彼とまた会った。彼はプロ意識がありカメラマンの要望にもよく応えていた、服を着たままプールに飛び込んで欲しい、という提案に少し不安があったとしても。いくつかの点で、ビーンのこうした遠慮がちな奢らない姿勢はもっと若い俳優にふさわしいように思える。だが彼は後で「トロイ」の撮影現場で出会った彼のヒーローであるピーターオトゥールとランチデートをした話をしてくれるだろうし、またセクシーな「チャタレイ夫人の恋人」「シャープ」からはじまり、「ゴールデンアイ」「ロードオブザリング」のボロミアを経て、これから公開されるジョディ・フォスターの「フライトプラン」、シャーリズ・セロンの「ノースカントリー」では重要な役割を演じることとなる彼が20年以上にも渡るキャリアを持つことを思い出すだろう。

→accomodating(親切な・いいなりになる)、self-awareness(自己認識)、diffidence(自信のなさ・内気)、appropriate(適している)、rumpy-pumpy(新しい言葉らしい、sexual intercourseと同義?)

He is, in case you hadn't noticed, in case he didn't want you to notice, a Rada-trained actor, who's both in demand in Hollywood and one of this country's highest-paid movie earners. He's wary of the press prying into his private life, which is why, as I'm sat in his local listening to his voicemail, I fear he's decided to give our interview a miss.

知らないかもしれないけれど、または彼が知ってもらいたがらなかったかもしれないが、彼はRADAで訓練された俳優で、ハリウッドからも、英国で最高の報酬を支払える映画の稼ぎ手からも必要とされている。彼はプライベートをプレスに詮索されることに用心深く、それが私が今彼の地元で彼の留守電に耳を傾け、彼がこのインタビューを避けることにしたのではないかと心配している理由だ。

→earner(稼ぎ手)、wary(用心深い)、pry(詮索)、give .. a miss(..を避ける)

用心深いとは思えないようなパパラれ具合なんですけれど(笑)。

But when he eventually arrives wearing a baseball cap (which patently hinders his intention of remaining anonymous), he's full of apologies. He'd been out the previous night, watching Georgina gain plaudits in her new play, he'd had a few and, this afternoon/evening, while I was leaving messages, Bean was sound asleep around the corner, on his settee.

でも彼はとうとう野球帽(目立つまいとする彼の意思を明らかに邪魔している)を被って現れ、そして全身で謝罪の気持ちをあらわしていた。彼は昨晩ジョージーナが彼女の新しい舞台で喝采を浴びる姿を見に出かけ、酒を飲みすぎ、私が彼の携帯にメッセージを残していたこの午後から夕方にかけては、彼は家の長いすでぐっすり寝込んでいたのだった。

→patently(特許の・明白に)、hinder(妨げ)、intention(意思・目的)、anonymous(匿名の)、plaudit(拍手)、have had a few(酒を飲みすぎた)、be sound asleep(ぐっすり寝込む)、settee(背もたれ肘つきの長いす)

With a Guinness and a blackcurrant in his hand and a Gauloise cigarette in his mouth, he says, "Yeah. Georgina, yeah. She were good. First nights are always on a Thursday, aren't they? I went for a few drinks and that, and I . . ." He's speaking exactly how you imagine him to speak - a voice dragged across cobbled streets in Sheffield which probably don't exist anymore - and he's always polite, but he's also always in control. "Keep thinking it's Saturday," he laughs.

ギネス(ビール)とブラックカラント(これもビール?クロスグリ?)を手に、タバコ(Gauloise:銘柄)をくわえて彼は言う。「そう、ジョージーナ、うん、彼女は良かった。初演はいつも木曜日だよね?私は飲みに出かけて、それから・・・」彼はまさに想像どおりに、今はもうないシェフィールドの丸石で舗装された道石畳で気だるく交わされるような声で話し、いつでも礼儀正しく、そしていつでも抑制されていた。「今日は土曜日だって考えるんだ」彼は笑う。

→dragg(引きずる)、cobble(丸石を敷いた)

Is it easier going out with actresses, I wonder. Do they understand you better?

「女優とデートするのは気が楽なのかな?彼女たちはあなたをよく理解してくれる?」

"I wouldn't say that," Bean responds. "You don't have to be an actress to understand the man's psyche. In the short term, I think it can be comforting - you've got things in common. If you're a journalist, you might go out with other journalists . . ."

「そうは言わない」ビーンは答える。「1人の男の魂を理解するのに、女優である必要はないよ。短期的に見れば、気楽だと思う、共通点があるからね。あなたがジャーナリストだったら、ジャーナリストとデートするんじゃないかな・・」

I wouldn't think about going out with another journalist, I admit.

私は他のジャーナリストとデートすることを考えてもみなかった、認める。

→・・なんかおかしい。
匿名希望?FDさんからのアドバイスをいただき(笑)ちょっと訂正~。ありがとうございます。迷いながらもこうやって吟味するのもまた楽しいですねvv。

私は他のジャーナリストとデートすることなど考えてもみなかった、本当に。

"I've always said that about actresses, but I've never learned!" he laughs.

「私はいつも女優とのつきあいについて言うけれど、学習していないね」彼は笑う。

All this time, it's been easy to define Sean Bean: the working-class boy made good, apprentice steelworker, appeared on the Rada register alongside Kenneth Branagh, supports Sheffield United, a kind of Billy Elliot of the early Eighties. But that's not true. His father owned the steelworks and the 16-year-old Sean Bean wanted something else but to follow in his father's footsteps. Did he consider himself working-class?

これまでのところ、ショーン・ビーンを定義することはたやすい。労働者階級の少年がうまくやった、製鋼工の見習い、ケネス・ブラナーと一緒にRadaの入学に現れた、シェフィールド・ユナイテッドを応援し、80年代初めのビリー・エリオット。しかしそれは真実ではない。彼の父親は製鋼工場を所有しており、ショーンは父の跡を継ぐ以外の何かを探していた。彼自身労働者階級だと考えていただろうか?

"I suppose we were," Bean says, "but we drove to work in a Silver Shadow. Dad would shout: 'Sean - get thee sen up!' Then, we'd get in the Rolls-Royce, me and my dad, like!" (Laughs.) "I'd put me steel-capped boots on, stop at the top of the road, get the 'Daily Mirror', jump back in the Rolls . . . It was quite bizarre.

「そうだったと思う」ビーンは言う。「でもロールスロイス(silver shadow:車種)に乗って働きに行った。父はこう叫ぶんだ「ショーン出かけるぞ!」それからロールスロイスに乗りこむ俺とおやじ、ってね(笑)」、「鉄をつま先にかぶせた安全靴を履いたまま、坂の上で停車して、デイリーミラーを買ってからまたロールスに飛び乗る・・・かなりヘンだよね」

→thee(古い正式な英語でyouの意・ヨークシャーでは使うらしい。)、そしてyouにsenをつけるとyourselfの意味となるのもヨークシャー訛らしい!?youssenでもまったく別ものだってのに、theesenだなんて、英語の壁がますます分厚くなってまいりました・・。get onself up(装う・研究する・健康を増進する)、like(ad:たぶん・みたい・とか)、bizarre(仏:怪奇な・とっぴな)

It's strange working for your dad, because you feel like a fucking spy or something," Bean continues. "And I weren't, by any means. I was on the shop floor, and I suppose my loyalty were to them. I think it was, er, not expected, but I think my dad would have liked me to have followed in the family business."

「父親と同じ職場で働くってのは奇妙だよね、だってまるでスパイかなにかみたいじゃないか」ビーンは続ける。「でも私は絶対にそうじゃなかった。私は工場で働いていたし、職場の仲間に愛着があった。うーん、期待はしてなかったと思うけれど、でも父は私に家業を継いでもらいたかったんだろうと思うよ。」

→by any means(決して~ない)、er(えー・あのう)、shop(店・売り場・工場・仕事場)

Sean Bean has always wanted to be one of the lads but, somehow, he's always been inclined to break ranks. By his own admission, he was never adacemically inclined. Between the ages of 16 and 19, he was at Rotherham Tech, learning how to weld; not much later, he studied arts and drama at the college across the road. Then came Rada - and his mates thought he was "a fucking ponce".

ショーン・ビーンはいつでも普通の若者であろうとしていたが、どういうわけか、彼はいつでも道を外しがちだった。彼自身が認めているように、彼は学問にまったく興味がなかった。16歳から19歳のときに、彼はロザラム職業専修学校で溶接を習っていた、しかしほどなく、道を挟んだ反対側にある専門学校で彼は芸術と演劇を学んだ。RADAに入ってからは、彼の友人たちは彼を「なよなよしたヤツ」だと考えた。

→lads(少年・若者・男⇔lass)、incline to(傾向がある)、break ranks(列を乱す・脱落する)、Tech(technical college:英:職業専修学校)、ponce(ひも・なよなよした男)

Bean recalls how, while still an apprentice welder, he would wander round the second-hand bookshops in Sheffield's Chapel Walk, read plays, visit the library and the art galleries. "I used to like the works of Oscar Wilde," he says. Then there was David Bowie. The Thin White Duke. "Through his music, I became curious about different writers."

ビーンはまだ溶接工見習いだったときに、シェフィールドのチャペルウォークの古本屋をまわり、戯曲を読み、図書館や美術館に足を運んだ頃のことを回想する。「オスカー・ワイルドの作品が好きだったんだ。」彼は言う。それからデヴィッド・ボウイがいた。青白く痩せた公爵(←The Thin White Duke:Ziggy stardustと同様キャラクターの名前らしい。 青白く痩せこけてたかららしい。アメリカに疲れたのでヨーロッパに帰還するという歌らしい・・)。「彼の音楽を通して、私は他の作家に興味を持つようになったんだ。」

→curious(知りたがる)

Did you see yourself as an outsider, I ask.

あなたは自分をはみ出し者だと思っていましたか?

"I've always felt like an outsider, yeah," he replies. "It's quite hard to formulate when you're young, so I used to lock myself away in the outhouse till 4am. I just used to draw and paint and liste to music. I'd have a few gin and tonics, then wake up the next morning and think, 'What the fuck's that I've just drawn?'"

「いつもそう思っていたよ、うん」彼は答える。「若い頃はきちんと考えることは難しいから、私は午前4時まで離れに篭ってたよ。絵を描いたり、音楽を聴いたりしていた。ジントニックを何杯か飲んで、翌朝目が覚めて思うんだ「俺はいったい何を描いたんだ?」

→outhouse(英:離れ)

Did your mum and dad know what you were up to?

両親はあなたが何をしようとしていたか知っていたと思いますか?

→be up to(たくらむ・準備ができている)

"Yeah. I suppose I became a bit of an outcast. No, maybe that's a strong term - I think everyone thought I was a bit strange but artistic, you know? Which I was - and still am!" he laughs. "You don't know why you've got a hankering for something: a longing, a yearning - you can't quite put your finger on what it is. For me, it was acting."

「そう。私はちょっとしたはずれ者だったんだと思う。いや、いいすぎかな、みんなは私のことを芸術肌だけど、ちょっと変わってるって思ってたんだと思う。事実そうだったし、今もだろ!」彼は笑う。「何かに憧れる気持ちを説明なんてできないだろ?熱望して、憧れて。それが何かを確かめることなどできはしない。私にとって、それは演技というものだったんだ。」

→outcast(仲間はずれ・のけ者)、term(用語・語)、henker(憧れる)、yearn(憧れる・慕う)、put one's finger on(的確に指摘する・思い出す・指を触れる)

Bean has spent 18 months out of the last two years working in Los Angeles. His latest film, the psychological thriller 'Flightplan', is set aboard an aeroplane and stars Jodie Foster as a mother whose daughter inexplicably vanishes mid-flight. Bean plays the irascible Captain Rich.

ビーンはこの2年間のうち18ヶ月をロサンゼルスで過ごしている。彼の最新作、心理スリラー「フライトプラン」は飛行機の機内が舞台で、飛行中に不可解な失踪をとげた娘の母役としてジョディ・フォスターが主演している。ビーンは短気なリッチ機長を演じる。

→aeroplane(英:airplane)、inexplicably(解釈できない)、irascible(短気な)

短気なのか?

He describes the acting process, with its endless nights in hotels, as quite a lonely business, but adds: "I enjoy my time alone. To be able to do what I want to do, to read, to fucking flop down on the settee like I did tonight and conk out - in general, it's good for people to have that space. I don't think we should feel that we have to be bonded together or that we've got a commitment or that we have something to live up to."

彼は演じるということについて、終わりのないホテル住まいの夜を伴なうひどく孤独な仕事だと説明するが、同時に「1人の時間を楽しんでいる。やりたいことができる。本を読んだり、今日やってしまったみたいに、ソファに倒れこんで眠り込んだり。一般的に、そういった場所があることはいいことだとおもう。束縛されたり、約束したり、こうすべきと期待されたりしている、と感じるべきではないと思うんだ。

→flop(ばたんと倒れる)、conk out(眠る・死ぬ)、live up to(ふさわしい暮らしをする・期待にこたえる)

なんだか結婚生活を否定しているように聞こえる(笑)。

This kind of statement is exactly why Sean Bean is so hard to pin down. You're left wondering if he always felt this way or if his views have been shaped as a result of being divorced three times. He is loath to go into details, but when he does talk about marriage, about how he was still only 21 when he wed his first wife, you begin to get an insight into his seemingly constant battle between the wide-eyed romanticism of his teenage years and the blunt realities of living. It's this internal struggle that, I suppose, makes him so darn attractive to women.

この手の発言はまさにショーン・ビーンを掴まえておくのがどうしてこれほど難しいのかを示している。ただ彼がずっとこう感じてきたのか、それとも3回の離婚の末、こういった考えに至ったのか、疑問は残るが。彼は事情に踏みこまれることを嫌がるが、彼がわずか21歳の最初の結婚をしたときの話は、彼が10代の純真な恋愛と、生活というあからさまな現実との間に、みたところ終わりのない葛藤を抱えていることを洞察する手はじめになる。それは彼に内在する戦いであって、またそれがやたらと女性にもてるワケなんだろう。

→pin down(釘づけにする)、loath(嫌がる)、insight(洞察)、seemingly(みためは)、constant(一定の、誠実な)、wide-eyed(驚いて目を大きく開いた・純真な)、blunt(刃のない・ぶっきらぼうな)、darn(=damm)

"In the end," he says, "you're living with the person you love. It's wonderful. But sometimes it don't work out, an that's the way it goes."

「結局」彼は言う、「人は愛する人と一緒に暮らす。すばらしいことだ。でもときどき、上手くいかなくなる、そんなこともある。」

→work out(成し遂げる)

But just in case Bean thinks he's coming across as too soft, he adds: "I'm not searching for anything at the moment, except a nice pedigree Alsatian. The nature of [acting], because you're always away, is perhaps not conducive to a good relationship. But, then again, they say absence makes the heart grow fonder, so that's the way I look at it. Get away for a bit - fuck it - you know what I mean? But it's hard being away from my kids and stuff," he continues. "That is hard. I've got three girls who've been with me all week. One of them's nearly 18 now, so she just pops in with her boyfriend."

しかし、ずいぶん穏便な印象を与えていると考えたのか、彼は付け加えた。「私は今のところ欲しいものはないよ、純血種のドイツシェパード以外はね。(演技の)性質ってのは、いつも離れて生活しているから、いい関係に導いてはいかないんだ、でも、そうした上で、『会わないでいることがお互いの情愛をより深める』とも言うからね、私はそう見ることにしているんだ。ちょっとだけ離れて・・くそっ・・言いたいことをわかるだろう?でも子供たちなんかから離れていることは辛い。」彼は続ける。「ほんとうに辛い。この一週間、3人の娘たちと一緒に過ごしている。もうすぐ18歳になる娘のひとりが、急にボーイフレンドを連れてきたよ。」

→come across(理解される・印象をあたえる)、as to(について)、pedigree(純血種の)、Alsatian(アルザスの・ドイツシェパード)、conductive(伝導性の)、absence makes the heart grow fonder(ことわざ:会わないでいることがお互いの情愛をより深める)、stuff(ばくぜんとモノ)、pop in(ひょいとやってくる)

Are you a . . .

あなたは・・・

". . . jealous father?" he asks. "No, I'm not. But if he starts fucking about, then he gets a hand. Do you know what I mean?" (Laughs.) "Can I rephrase that? He's a lovely lad, and if he makes Lorna happy, then that's great. If not, then I won't be happy with him, you know?"

「嫉妬する父親かって?」彼は訊ねる。「いや、私は違うよ。でももし彼がひどいことしたりしたら、手が出ると思うよ。意味わかるよね?(笑)。」「言い直そうか?彼はいいヤツだよ、それに彼がローナを幸せにしてくれるなら嬉しいよ。そうじゃなければ、私は彼のことをよくは思えないだろうね。」

→fucking(いまいましい・ひどい)
もっとすごい意味かと思ってびっくりしちゃった(笑)。

→rephrase(言い換える)

Do you get on with all your ex-wives?

「別れた奥さんたちとはつきあってますか?」

→get on with(続ける)

Bean pauses for dramatic effect, stares at his pint, then bursts out laughing. "Excuse me, I'm just going to the toilet!"

彼はドラマティックな効果を狙って沈黙し、彼のビールグラスを見詰め、そして急に笑い出して「ごめん、ちょっとトイレ行ってくる!」

→burst out laughing(どっと笑い出す)

On his return, we skim through his times in Hollywood. He's obviously proud of his achievements, but slightly embarrassed at being seen to enjoy the glitz of it all. He'll tell you how he and Brad Pitt shared a few pints while working on 'Troy', and that Ray Winstone is "an excellent actor" who "knows where he comes from". And when I ask Bean if he has a big trailer these days, he says, "Not as big as hers [Foster's], but 'course I get a fucking big trailer! What do you think I live in? A caravan?" But that's as far as he's prepared to go. "It's like name-dropping, you know what I mean?" he says.
彼が戻って、私たちは彼のハリウッドでの経験についておおまかに放した。彼は彼の成功を誇りに思っているのは確かだけれど、そのことを派手に楽しんでいると見られることにはやや困惑しているようだ。彼とブラッド・ピットが「トロイ」撮影中にビールを一杯やったりしたことや、レイ・ウィンストンが「自らのルーツをよくわかっった」「優れた俳優」であることについて語ってくれるだろう。そして、最近では大きなトレイラーがあてがわれているのか?と私がビーンに訊ねたとき、彼は言う、「ジョディ・フォスターほどじゃないけれどね、でももちろんバカでっかいトレイラーだよ!どんなとこで生活してると思ったんだい?ほろ馬車?」でもそれが彼の用意できる限りだ。「有名人の名前をひけらかしてるみたいだよね、言ってる意味、わかるだろう?」彼は言う。

→skim(ざっと読む・すくい取る)、glitz(派手さ)、caravan(ほろ馬車・隊商・英:移動住宅)、name-drop(知人であるかのように有名人の名前をひけらかす)

He's much more comfortable talking about football, which is exactly what we do over more drinks until closing time, until we're the last customers in the restaurant and having problems booking a cab. Bean takes over from the owner and has a go at calling the cab office himself, only to meet with the same 'one hour wait' response. "Watch this," he says, redialling. When he gets through, he's no longer Sean Bean the ex-steel-worker from Handsworth, Sheffield, but Sean Bean the Rada-trained actor. "Yes, we'd like a car as soon as possible," he declares in his best received pronunciation.

彼はフットボールの話をしているときのほうが、ずっと寛いで見える、まさに、私たちが店の最後の客となり、タクシーをつかまえるのが難しくなるほど閉店時間まで飲んだくれているわけだ。彼は店のオーナーと電話をかわり、彼自身でタクシー会社に電話してもやぱり「1時間待ち」という回答だった。「見てて」彼は言い、もう一度コールしなおす。電話が通じたとき、彼はもはやシェフィールド、ハンズワースの元製鋼工ではなく、RADAで訓練された俳優としてのショーン・ビーンだった。「そう、出来る限り早く一台まわしてほしいんだ」彼は最も歓迎される発音を使って言い放った。

While he's waiting, I'm reminded of something he'd said earlier. "Soon as they hear your accent, they think, 'He's got a whippet, cloth cap, dad works down the pit.' That's what you want to rebel against," he explains. "But you end up coming full circle agian, thinking, 'That's what I was. That's what made me.' That's the spirit of the North." And that's what Sean Bean is about: proving himself and others wrong, always wanting to escape his roots, but forever being pulled back.

"Ten minutes?" he repeats into the phone, keeping up the posh accent and winking at me. I've not seen him this happy all night. "Thank you, that's marvellous."

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ちょっとオシャレな
こんにちは☆pinkgoldです。
撮影がちょっとオシャレなお家で素敵ですよねー。プールに入ってという注文にも気軽に飛び込んでプロだ!みたいなことが書いてあったような気がしますが(すでにうろ覚え)、プロだからというより、むしろ楽しそうです(笑)
2005/10/09(日) 14:53:28 | URL | pinkgold #T9OgQlvI[ 編集]
おお!
訳が進んでますね!
ありがとうございます~。
なるほど~長い割りに話があちこち飛んでるから、余計に分かりにくかったんですね。
それにしても腿まで裂けるようなドレスって、どんなドレスだったんだろう・・・。
2005/10/09(日) 16:05:40 | URL | aya #-[ 編集]
続きも?
この後半の続きもそのうちUPされるのかな?勉強してますね!
ところで、ピンクリボンキャンペーンにショーンも参加してたね。
いろんな人がサイン入りのテディベアを出品してたけど、ものすごい高値で落札されたもよう。
しかも落札した人は日本人?
日本の人気は相当ですよねえ。
2005/10/09(日) 17:20:43 | URL | Naomi #9zOzYU0I[ 編集]
おぉ!
私、先ほどb-boxさんでこの記事知りました。
なをさんが訳してくれるの待っておこ~っと。
なをさん頑張って~!お待ちしております~(笑)
2005/10/09(日) 19:32:04 | URL | フェンディ #ogPewHmg[ 編集]
南仏風
pinkgoldさんこんばんは♪素敵な家&プールですよね、ショーンの夢南仏移住を意識してのロケーションでしょうか?あ!だから「こんな家に住みたいな~」ってノリノリでプールにジャンプインなんじゃ??白シャツで飛び込んでくれてもよかったなぁ、・・・なんてスケベかしら・・(照)。
2005/10/09(日) 20:47:49 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
亀の歩み
ayaさん、こんばんは!いっそなめくじの匍匐前進な遅さですが、愛があれば英語の壁も薄くなるんじゃないのか?と自分に問いかけながらがんばっております(笑)。私の訳では精度は保証できないので、ちゃんとしたところはMisaさんとこで確認してくださいね!

ジーナってけっこう無邪気で可愛いとこありますねぇ、ショーンと付き合えて舞い上がってるんだったら分かり合えそうです。・・私ったら何様~(笑)。くそぅ、羨ましい。
2005/10/09(日) 20:52:29 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
それは私(嘘)
Naomiさんこばわ!ショーンのサイン入りテディベア、日本のファンが落札したんですか~!いいなぁ~!日本での人気が上がっているのか、少数精鋭のファンが非常に熱いのか、どっちだろぅ・・・・。

訳はあくまで自習です!でも下心はこうやって皆さんに励ましてもらいたくて(笑)、ズルイ。長いよ~、辞書引き引き、すごい時間かかります。ふぅ。がんばります!
2005/10/09(日) 20:58:02 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
セイセイセイ!
レイザーラモン風待ったをかけてみました(笑)。フェンディ同士、だめだめ!一緒にがんばりましょうよ~。英語の壁は頑丈です・・(涙)。Misaさんところにきっと今頃続きがあるに違いないです!先生の模範解答を見ながら勉強する私です(涙)。いつかはすらすらっと英語が読めたり話せたりしないかな!
2005/10/09(日) 21:02:29 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
ピンクリボン仕様の豆クマちゃん
知り合いが落札しましたよ。
と言っても、実際にお目にかかったのは一度だけですが。

ボランティアとチャリティには信念をお持ちの方です。
で、勿論ショーンファン!!

訳ご苦労様ですv
ありがとうございます~~。
2005/10/09(日) 21:38:17 | URL | ばけこ #-[ 編集]
なんと!
ばけこさん、こんばんは!なんとピンクリボンベアはお友達のところに??そして実物はもうお手元にやってきて、それをもうご覧になったのですか(びっくり連発)。いやーそのお話を伺っただけでも、なんだか身近に感じられるようで嬉しいですvv。チャリティに信念をお持ちでショーンファンの方とは本当に素敵&安心しました(笑)!お知らせくださりありがとうございました(嬉泣)。

あの~、はずかしながら私の訳、まったくもって当てにならないのでお礼のお言葉はダメですって~(笑)!記事中のリンクからぜひMisaさんとこへGOでっす。
2005/10/09(日) 22:19:24 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
ちょっと訂正をば(笑)
豆クマちゃんはまだ、日本には上陸していないと思いますが、
(会ったことがあるのは、落札した彼女)
実物は、画像頂けると思うので、ブログに上げさせてもらえるんじゃないかと、期待してますのv
ほほほv
2005/10/09(日) 23:03:24 | URL | ばけこ #-[ 編集]
眼福です!
おはようございます。朝から良いものを見せていただきました~。ちょっと照れてるような笑顔が素敵ですが、こっちまで照れてしまいます(笑)
このインタビュー、わたしも自力で読んでみようとしたのですが、眠くなり(…)中断中ですが、なをさまの注つきの訳(勉強になります)を参考に、また再開したいという意気込みだけはあります…
2005/10/10(月) 08:46:32 | URL | Khanakana #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/10/10(月) 14:09:05 | | #[ 編集]
上陸間近ですね
ベアはまだこれからの上陸でしたか。そうですよね、焦りすぎました(笑)。日本でもピンクリボンキャンペーンはずいぶん認知されてきましたから、ベアも日本上陸をよろこんでくれますね。写真拝見できるの楽しみにしています。
2005/10/11(火) 10:39:55 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
お、ここにも同士?
Khanakanaさん、こんにちは。写真イイですよね~。和むな~!!雑誌手に入るといいですね。

訳、ぜひぼちぼちがんばりましょう?間違っても大丈夫、ちゃんと正しいのをのせてくださる方のあてがあるので安心です(笑)、とすっかり油断気味で自習な私なのです。こうやってつっこみ&励ましをくださるとがんばれます、ありがとうございます。
2005/10/11(火) 10:44:05 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
どうし~。
アドバイスくださりありがとうございました、フォーッ!!

なるほどそう噛み砕いてみるとずいぶん自然になりました。字面を追いかけるので精一杯になってしまってて、なかなか流れから意味を汲むところまで難しいです・・。ぜひまたつっこんでください、一緒に悩みましょう~(笑)。

Misaさんところで答え合わせを楽しみに待つとしましょう。英語の壁にくわえて、シェフィールドの壁もあることに気づいた今回でした。
2005/10/11(火) 10:53:40 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/10/12(水) 00:16:52 | | #[ 編集]
お!
答え合わせタイムですね!でもレイザーラモンFDさんアドバイス、あってると思うのですよ!これをさらに意訳して自然にするとMisaさんところの訳になるのではないでしょうか。答えがわかって楽しいじゃないですか、私なんて恥ふきっさらしですよ(笑)!協力してくださいな~vv(甘える)。
2005/10/12(水) 10:39:14 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://berry9.blog4.fc2.com/tb.php/238-6cf02b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
      ブログっていうのは、”WEB ” と”LOG”というコンピューター用語が合わさった言葉らしいけど今世紀初頭の、この”流行りモノ”は日本国内にとどまらず、むしろ、海外のユーザーの、その盛り上がり方はハンパじゃない。例えば、今や自分でネット・バンク
2005/11/21(月) 21:31:17 | ”Mind Resolve”
この本、欲しい~///やっぱり豆さん、カワイイですよ。プールに飛び込んで水と戯れる46歳。その後のショットがこれ。爽やか~!!!この濡れた服がたまらないですよ。インタビュー記事も面白い(そうです)。他力本願な私は、英語が堪能な豆ファン
2005/10/12(水) 08:05:59 | yumiの映画日記
いつもいつもショーン様情報でお世話になっているJKさんが、豆クマちゃんをオークションで落札されました~~~!!!    お~め~で~と~う~~!!       コレ!このクマちゃん? 乳がん早期発見を促すキャンペーン活動の一つに、
2005/10/09(日) 23:21:25 | ばけばけ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。