ニドネ&ヒルネ
寝言&たわごと&好きなこと ゆっくりショーン・ビーン熱愛お休み中・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブルース・ロビンソン
bill_nighy1.jpg

8月のムービープラスで「スティルクレイジー」という映画をながら観しました。ながらではありながらも観ようとおもったのは、「ラブアクチュアリー」で最高に可笑しくて魅力的な老いぼれ?ロック歌手を演じていたビル・ナイを見つけたからです(笑)。

*ネタバレしてますのでご注意ください。



ビルはまたしてもロックシンガー役(笑)。こっちのが先なんだろうか?だから「ラブアクチュアリー」でも笑いどころなのかな・・・。「スティル・クレイジー」では売れなくなったバンドの2代目ボーカル役な彼。

70年代に人気を博した"ストレンジ・フルーツ"が20年後に再結成!?カリスマボーカルだったキースも、伝説のギタリストと呼ばれたブライアン(ブルース・ロビンソン)もすでに死去(泣)。2代目ボーカルとして加入したレイ(ビル・ナイ)はオリジナルのメンバーとしっくりいかないまま、再結成ツアーというのは名ばかりのどさまわりライブへ。かつての人気も今は誰もしらず、行く先々で散々な目に遭うのが悲しくも可笑しすぎる(笑)。

オリジナルメンバー2人の不在と、戻らない栄光に苛立ち荒れるメンバーたち。とうとう仲間割れしてレイは脱退、また解散か?という大ピンチ。そんな折、キースの墓参りに行ったマネージャーのカレン(ジュリエット・オーブリー)は、墓碑に供えられたカードにブライアンの名前を見つける。ブライアンは生きていた!ブライアンは精神病を患い入院していたのだった。復帰したブライアンとともにバンドは再び結集。そして訪れたチャンス。ウェンブリーでの大野外ライブのステージ。ブライアンも再びギターをとり、メンバーは一つとなって観衆の心を掴み大喝采を浴びるのだった。(1998年 イギリス)

お詫び:たぶんこんなかんじだと思いますが、ちゃんと座って見てなかったのでひょっとしたら違うかもしれません。

いやービルの演じるレイは濃い目のメイクにゴシックファッションだったり、なんだか廃れた感ばっちりな哀愁のボーカルなんです(笑)。もうけして美しくない老い加減なのにすごく素敵なのはなんでだろ~。嫉妬深いブロンド美女が奥さんで、このやりとりも笑いどころです。

素顔もおちゃめな人みたいですね、ビル↓(笑)。
bill_globes3.jpg


でも最終的にチェックが入ったのはギタリスト役のブライアンを演じたブルース・ロビンソン。最期のほうにちょっと出てきただけなんですけれど、なんだか惹かれるますvv。なんだろうか、くたびれた感じなんだけれど、セクシーな気がする。気になってこの人を調べてみました(笑)。

ブルース・ロビンソン(Bruce Robinson )
俳優・脚本・監督。多才な人なようです。
写真がなかなか見つからないのですが、ファンサイトさんから拝借させていただきました。

bruce.jpg


うーん。素敵。なかなか情報が少ないのですが、Cheeky's Garden★英国党宣言さん(ありがとうございます!)で発見。

俳優:B:ブルース・ロビンソン

俳優としての代表作はよくわからないのですけれど、脚本としては「キリング・フィールド」でアカデミー賞ノミネートもあるようです。監督作品としては「ウィズネイルと僕(Withnail and I)」という私は観たことないのですけれど、非常に評価の高い作品があるそうです。さらに「広告業界で成功する方法(How to get ahead in advertising)」の監督だとか?これってショーンがちらっと出ているらしいヤツじゃないですか。思わぬところで繋がってびっくり。さらに「ウィズネイルと僕」という作品はあのジョージ・ハリスン製作総指揮、主演はリチャード・E・グランド、ポール・マッガン(!)。見覚え聞き覚えのある名前が芋づる式に出てくるのは英国作品だからでしょうか(笑)。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
スティル・クレイジー
楽しい映画でしたね♪「ラブ・アクチュアリー」のあと、ビル・ナイ出演作というので、去年レンタルして観ましたよ!
面白い人ですよね~、ビル・ナイ♪20年前の彼はどんなだったんだろうと、この映画を観てますます興味津々でした。ちょっと小泉首相入ってません?(笑)

ブライアン役の人、確かに彼だけ二枚目の雰囲気でした。ブルース・ロビンソンというのか。なをさんがアップしてくれた写真がないと思い出せなかった(^^;。
しかし、この写真カッコイイですね。ふうむ…どことなく陰のある雰囲気がショーンにもつながるような???なをさんは、渋くてちょっと陰のある人が好みなんですね、きっと。トラさんは陰あんまりないけど(笑)
2005/09/03(土) 20:51:34 | URL | atsuko #-[ 編集]
ビル・ナイvv
atsukoさん、こんにちは!「ラブアクチュアリー」のビル・ナイは見過ごせなかったですよね♪大好きです。「スティルクレイジー」もすでにご覧になっていたなんてさすがです~。小泉首相!確かにちょっとありますね(笑)。おぉこりゃどっちに褒め言葉??

そうなんです、ブルース・ロビンソンのブライアン、影があってほっておけない感じでしたvv。彼の他の出演作をちょっと探してみようかな?ってぐらいちょっと惹かれました~。atsukoさんにはすっかり私の好みがバレバレに・・(笑)。強めのハンサムで陰があって、だけど笑顔がかわいい人がいいなぁ(遠い目)vv。

そういわれて考えてみると、寅さんは素敵だけど、やっぱり残酷なマドンナたちと同様に、私も彼を恋愛対象にはできないようだと思い至りました。ごめん寅ちゃん(こっちこそ願い下げだいby寅)。きのうの寅さんはマドンナが吉永小百合でした。これで9作ですが、だんだん観るのが辛くなってきました・・(泣)。寅さんの恋愛は実らないのが見所ではありますが、考えてみればむごいですよね。それをどう優しく包むかが監督の力量なんでしょうか、ね・・。うーん、寅さんを語ってしまった・・(笑)。
2005/09/04(日) 12:02:26 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
はじめまして
はじめまして。
私も昨日「STILL CRAZY」を見てブルース・ロビンソンがすごく気になりました。
自分のブログではちょっとネタバレになるから(ブライアンが生きていたことはふせたかったので)書かなかったのですが、とってもいい雰囲気の方ですよね。
庭でカレンと再会した時の顔がたまりませんでした。モロ好みです(はーと)!

なんだかこちらはどこかでお目にかかったようなサイト名だな~と思っていたら…ひるでさんのところでお目にかかっていたのでした。
これからもちょくちょく遊びにきますのでよろしくお願いいたします。
2006/01/17(火) 15:09:35 | URL | dim #-[ 編集]
嬉しいです♪
dimさん、こんばんは!ブルース・ロビンソン素敵ですよね!↑でお借りしてきた白黒写真すっごい好きですvv。

そしてそして、ひるでさんところですれ違っていたということは、ショーンもお好きなのですよね?いやー、好みが2人も重なるなんて嬉しさ倍増ですe-415!こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。さっそく遊びにいかせていただきますねんvv。
2006/01/17(火) 22:05:12 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
TBさせていただきます。
こんにちははじめまして!
TBさせていただきます。
この映画、かわいいロックおやぢ満開の愛すべき映画ですね。大好きです。

私も豆好きボロ様マニアなので、またゆっくりなをさんのショーンばなしのページにおじゃましますね!スティルクレイジーで検索して、シャープ様のあの玉付きお帽子姿を見られるとは、なんと奇遇な・・・
2006/07/03(月) 19:11:14 | URL | leache #nEx7PFYA[ 編集]
TBありがとうございます!
leacheさん、はじめまして!TB&コメントくださったおかげで、久しぶりにこの記事を読み直すこともできました、この映画は愛しいですよね、ありがとうございました!

なんとお好みがご一緒とは(笑)!これは早速遊びに行かせてもらわなくては~。玉付き帽子、かわいいですよね、喜んでいただけたら嬉しいですv。
2006/07/04(火) 21:42:26 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
ブルース・ロビンソン素敵すぎです
はじめまして。Still Crazyから、ロビンソンにはまった一人です。ヨロシク。
2006/07/19(水) 04:23:41 | URL | ミミヅク #-[ 編集]
じわじわと♪
ミミヅクさん、はじめまして!ロビンソンファンがじわじわと拡大なのでしょうか~?!私もこの映画で彼のことをはじめて知りました、ちょっと目が離せない魅力がありますよね!こちらこそよろしくです!TBもありがとうございました。
2006/07/19(水) 21:52:52 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
突然に・・・
投稿してしまいました。スティル・クレイジーで検索しているうちに辿りついてしまいました。これ、すごく面白くてイイ映画ですよね。結構な回数見てもゼンゼン飽きないんですよね。
よく見てるとセリフの一つ一つも意外とツウじゃなきゃ分からないのもあって、70年代ロックに興味がある人にたまらない内容、是非見てもらいたいですよ。

でている役者たちは全員イイですよね。
もう、ビル・ナイは本当に役になりきっていると言うか、もう本物ですよね。これだけクレイジーに演じられると、もうサイコーですよ。

ブルース・ロビンソンも最後のほうに出てきて美味しい所もっていくしね。それとベーシスト役のジミー・ネイルって、本当に歌ってスゴイと思ってましたが、実はシンガーでヒット曲もあるんですね。http://www.youtube.com/watch?v=4iF47M3YDlg

なんか、妙に洗練されていて違和感ありますけどね。あの髭面で渋くベース弾きながら歌ってるのもカッコイイですよね。

カレン役のジュリエット・オーブリー、もうなんて言ったって、最後は可愛いよね。ブライアン役のブルース・ロビンソンを見る目なんて、きらきらしてる感じでね。ロック少女って年取ってもいいんだよね。

まだまだ、色々カキコミたいんですけどね。見てない人は、URLをクリックしてくださいな。私がアップした動画ね。
勝手にこんなことやっていいのかな??まぁいいや、ロックンロールだから・・・。じゃね!
2006/09/03(日) 13:49:41 | URL | るびん #-[ 編集]
また見たくなりました
るびんさん、はじめまして。コメントくださりありがとうございます。「スティルクレイジー」素敵な作品ですよね、私はロックに詳しくないのですが、それでも彼らの情熱と音楽は魅力的でした~。どんどん引き込まれて、自分もバンドのメンバーみたいな気持ちになれる気がしました。最後のステージシーンなんて感動しました。本当に、たくさんの人に一度見てみてもらいたい作品だと思います。

youtubeに動画を掲載くださってるのですね!さっそく見にいかなくては。楽しみです~vv。
2006/09/04(月) 17:40:53 | URL | なを #41Me5.sg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://berry9.blog4.fc2.com/tb.php/208-20ffb571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  ブルース・ロビンソン Bruce Robinson   1 May 1946 Broadstairs, Kent, England, UK ブルース・ロビンソンと聞いて、ピンとくる人が一体何人いるだろうか? それ誰? ていう人がほとんどだと思う。そういう、おいらも実は最近その存在を知ったばかり。  
2006/07/19(水) 03:48:46 | なにしろ、ロンドン、好きなもので
かつてはいけてるロッカー(死語。)だったおじさんたちが、バンドを再結成してロードに出るお話。このおじさんたちのバンドは、グラムロックや全盛期Dパープル、ツェッペリンのイメージ。ベルボトムに長髪、濃い化粧で退廃的な、そしてエッジの効いたギター。一世を風靡し
2006/07/03(月) 18:54:45 | ORGANIC STONE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。