ニドネ&ヒルネ
寝言&たわごと&好きなこと ゆっくりショーン・ビーン熱愛お休み中・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナルニアの映像!
ショーンのライオンは望み薄ですが、すっかりナルニアに興味津々な私です。先日はフジテレビが流した独占映像を見逃しましたが、とうとうYahoo Movieでもナルニア独占映像の配信がスタートしました。「ナルニア国物語」公式サイトからも行けます。

4人の子供たちがロンドンから片田舎の屋敷に引き取られたらしく、イギリスらしい厳しい世話役のおばさんの警告に背いて秘密の部屋の扉を開けてしまう。扉の向うには雪の世界が!驚く子供たち。そしてティルダの魔女とその僕?そして敵対勢力?みたいな人たちの大規模な戦闘に巻き込まれていく。騎士の装い、たくさんの馬、人魚みたいな異形のいきもの、そしてライオン!壮大なファンタジーぽさ満点!!魔女、怖かった。目がくわっって!?ちょっと厚化粧??そしてライオンは本当にライオンでした(笑)。私は勝手になんとなく神秘的な白いライオンかな、って思っていたのですが、茶色でした。でもすごく立派なオスライオン!MGMだかどこかの映画会社のオープニング・ライオンを思わせる迫力でした。ショーンがライオン役っていう噂、本当になったとしたら、声をあてるってことなのでしょうね。ライオンが変身して人間になったりするのかしら??謎が次々生まれました(笑)。早く本読もう~。

今更ながらに公式サイトからあらすじを拾ってみると

第二次世界大戦下の英国。ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4兄妹は、戦火を逃れて田舎の知人に預けられた。広い屋敷を探索する内に、末っ子のルーシーは空き部屋の衣装だんすに入り込んでしまう。毛皮のコートを押しのけ奥に進むと、いつしか彼女は雪に覆われた森に立っていた…。
 そこは、ナルニア──偉大なる王アスランが作ったこの美しき神秘の国は、冷酷な“白い魔女”によって、永遠に春の来ない冬の世界に閉ざされていた。“白い魔女”への恐怖と心まで凍てつくような寒さの中で、ナルニア国の住人たちはひたすらに祈っていた。偉大なる王アスランの帰還と、伝説にあるケア・パラベルの城の4つの王座の主が現れるのを…。


ですって。ライオン、すごい大事な役なのですね!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://berry9.blog4.fc2.com/tb.php/131-41627860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。