ニドネ&ヒルネ
寝言&たわごと&好きなこと ゆっくりショーン・ビーン熱愛お休み中・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カンヌ映画祭
5/11からカンヌ映画祭がはじまります。ヴィゴの「ヒストリーオブバイオレンス(History of Violence)」も出品されるそうです。ヴィゴはアラトリステの撮影中かと思いますが、主演映画のお披露目なんですからきっと参加すると信じます。なので情報をチェック。

●カンヌ出品作品(eiga.comより)

「Lemming」ドミニク・モル監督(フランス)
「シン・シティ」ロバート・ロドリゲス&フランク・ミラー監督(アメリカ)
「ラスト・デイズ」ガス・ヴァン・サント監督(アメリカ)
「マンダレイ」ラース・フォン・トリアー監督(デンマーク)
「Where the Truth Lies」アトム・エゴヤン監督(カナダ)
「Once You're Born You Can No Longer Hide」マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督(イタリア)
「Hidden」ミヒャエル・ハネケ監督(フランス)
「A History of Violence」デビッド・クローネンバーグ監督(カナダ)
「The Best of Our Times」侯孝賢監督(台湾)
「Election」ジョニー・トー監督(香港)
「Broken Flowers」ジム・ジャームッシュ監督(アメリカ)
「The Three Burials of Melquiades Estrada」トミー・リー・ジョーンズ監督(アメリカ)
「バッシング」小林政広監督(日本)
「Batalla En El Cielo」カルロス・レイガダス監督(メキシコ)
「Kilometre Zero」ヒネル・サリーム監督(イラク)
「シャンハイ・ドリーム」ワン・シャオシュアイ監督(中国)
「Peindre or Faire L'Amour」アルノー&ジャン=マリー・ラリュー監督(フランス)
「The Child」リュック&ジャン=ピエール・ダルデンヌ監督(ベルギー)
「Don't Come Knockin」ビム・ベンダース監督(ドイツ)
「Free Zone」アモス・ギタイ監督(イスラエル)




●カンヌ映画祭・生中継(Ch.312 ムービープラス


ムービープラス契約しなくては。

日本からの出品作品「バッシング」はイラク日本人人質事件をテーマにしたものらしいです。人質となった3人に対して「自己責任」という論調が広がりましたね。心配を通り越すと怒りにかわるってのは家族でもよくある感情ですし、あたりまえだとも思うのですが、彼らはメディアの扱いもあり、全国民の心配と怒りを一身に受けてしまって可哀想でした。あのときの日本人の心理ってすごく興味深いので、この映画もとても気になります。

そして「シンシティ」。これは楽しみですねー。これもアメコミなのだったかな?「バッドマン」やら「コンスタンティン」やら、アメコミ映画化が熱いのですね。

「スターウォーズ」もヨーロッパお披露目となるようです。この大波もいよいよ世界に向けて、ですね!!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://berry9.blog4.fc2.com/tb.php/121-63483f5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カート・コバーン 最期の48時間を描いた映画「Last Days」   1994年 自宅ガレージにて自殺を図ったカート・コバーン。去る1990年にいまやロックの名盤として名だたる「Never mind」を発表したNirvana(ニルヴァーナ)のヴォーカル&ギタリスト、である。        
2005/06/05(日) 04:17:05 | リ・マイブラ
なんか楽しそうwwwみんなでダースベイダーで飲みに行きたいwwぁ、ぁでも、飲み物飲めないのか?って事はストローか?まぬけだなww【面白サイト:男ならいつかはベイダー】【情報:面白いサイト見つけたよ様】【18禁:グラビア系美少女も増加中、今すぐログイン
2005/05/02(月) 15:25:22 | 笑死
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。