ニドネ&ヒルネ
寝言&たわごと&好きなこと ゆっくりショーン・ビーン熱愛お休み中・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LOTRスペシャルDVD
郵便局のEXPACKでやってきましたスペシャルDVD!GW中ゆっくり見ようと思ったのですが、覗いてしまいました(笑)。

*一応ネタバレなので未見の方はご注意ください。

白いブックレット風のきれいな装丁です。

sp.jpg


SEEのような4パーツを折りたたむ立派な白いボックス。1つ目にDVDが収納されていました。2つ目には自分のパスポート、3つめには通行証、4つ目には住民手帳を収納するためのスペースが取られています。早速入れてみました。

sp2.jpg


私のコレクションから(笑)。アラゴルンのパスポート、レゴラスの通行証、ゴンドールの住民手帳です。ひとつ折りたたむとこんな感じ↓。

ap3.jpg



DVDの中身ですが、大きく4つのメニューがあります。

●パスポート・キャンペーン独占インタビュー

このDVDのためにインタビューしたもののようです。パスポートメンバーへのメッセージなんか入っています。パスポートコンプリートおめでとう。って言われてけっこううれしいかも。ヴィゴのインタビュー、彼のはROTKプレミア来日時にインタビューしたもののようです。服装がグリーンのスーツにブルーの縞シャツでした。5分ぐらい話しているでしょうか。彼らしい、真面目で誠実な受け答えです。NZへの特別の思い入れや、彼の異文化異民族への理解への信念などもところどころ聞けて、すごくいいです。NZや撮影の話になると目が遠くを見るようになって、本当に大切な思い出なんだろうなあ、とひしひしと伝わってきます。

あとドム&ビリーが2人で答えているのも見ました。予想を裏切らずとても楽しい。これもROTKプレミアのときかしら?ヴィゴのと同じ部屋みたい。撮影中の悪戯の話にショーンが登場しました。借りた車のスペアタイヤ入れるトランクに、サーモン丸ごと一匹投げ込んで返した、有名なあの話。「腐った魚に気づかずに運転しているショーンが可笑しくて」、とか、「あまりの臭いにとうとうショーンは失神」「頭まで打ってかわいそうに」、とか言われてて、当時の彼の扱いが思いやられます、きっとからかわれてばかりいたんだろうなぁ(笑)。ヴィゴならやり返しそうですが、ショーンの場合はどうかしら、笑って許しちゃうのかな・・。メリーとピピンのように2人は混同されがちなのはどう思う?ってきかれて、ぜんぜん違うのにいつも一緒だからさ、R2D2とC3POみたいにね、って面白おかしく話を膨らませて、彼らは頭のいい人なんだなぁ、って。ビリーが髭髭で男らしかった。

他にインタビューメニューがあるのは、PJ、イライジャ、アスティン、アンディ、・・・ショーンやオーリ、女性陣はありませんでした、残念。

●来日キャンペーントリロジー

1部から3部までの来日キャンペーンの様子をところどころ紹介。1部での来日メンバーだったショーンがインタビューに答える映像が入っていました!ウレシイ~。動いてるよ、素敵。でもちょっぴりです(笑)。2部はヴィゴとカール。この映像は最高でした。このときのヴィゴ、なんだかひときわ美しいです。このときの顔すごく好きです。そしてカールがかっこいい。彼、ハンサムですね!それに話すことや話し方がとても好印象です。好きになってしまいました(笑)。またか!どれだけLOTRの役者さんたちを好きになればいいのかもう呆れるってものですよ・・。3部のはまだ記憶に新しい増上寺など。でも見たことないように思うのは、ゲストパーティの映像。はっぴ着て鏡割りして、ヨーヨー釣りしてましたよ、楽しそう。3部プレミアのときのヴィゴはなんだかおとなしいですね。

●LOTRメイキングトリロジー

1~3部の主だったシーンのメイキングを細切れに。ガラドリエルの脇に下ろした髪がまだストレートなところとか、ガム食べながらリハーサルしてるヴィゴとか見れます。でもやっぱりすごいのは撮影スタッフさんたちのお仕事ぶり。PJもフットワーク軽く、演技指導やら指示に走り回っています。繰り返し聞いてきた言葉ですが、この映画にかけたキャスト&スタッフの情熱がどれほどだったか、この一端だけでもわかるようなきがします。あ、ショーン的にはフロドの落とした指輪を拾うシーンの部分でちらりと見えます(泣)。

●NZ航空のプロモーション

宣伝か、と思いきや、ウェリントンプレミアの様子なども見れてなかなかです。アラゴルンとレゴラスのプリントされた飛行機の制作風景なんて面白いです。アラゴルンの額のところに窓がきてて、くりぬいてたり。


期待すればきりがないから、この程度でもOKです。ヴィゴはけっこう見れましたし。・・でももっとほんとはあるんでしょ?もっと出しなさい~?!ショーンやオーリ率は低いかんじ。誰のファンかで違うと思いますけれど、60点。これからもうすこし細かく見込んでいけばきっと違うかも。今の時点でこの点数なのはいいほうかな?
スポンサーサイト
カンヌ映画祭
5/11からカンヌ映画祭がはじまります。ヴィゴの「ヒストリーオブバイオレンス(History of Violence)」も出品されるそうです。ヴィゴはアラトリステの撮影中かと思いますが、主演映画のお披露目なんですからきっと参加すると信じます。なので情報をチェック。

●カンヌ出品作品(eiga.comより)

「Lemming」ドミニク・モル監督(フランス)
「シン・シティ」ロバート・ロドリゲス&フランク・ミラー監督(アメリカ)
「ラスト・デイズ」ガス・ヴァン・サント監督(アメリカ)
「マンダレイ」ラース・フォン・トリアー監督(デンマーク)
「Where the Truth Lies」アトム・エゴヤン監督(カナダ)
「Once You're Born You Can No Longer Hide」マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督(イタリア)
「Hidden」ミヒャエル・ハネケ監督(フランス)
「A History of Violence」デビッド・クローネンバーグ監督(カナダ)
「The Best of Our Times」侯孝賢監督(台湾)
「Election」ジョニー・トー監督(香港)
「Broken Flowers」ジム・ジャームッシュ監督(アメリカ)
「The Three Burials of Melquiades Estrada」トミー・リー・ジョーンズ監督(アメリカ)
「バッシング」小林政広監督(日本)
「Batalla En El Cielo」カルロス・レイガダス監督(メキシコ)
「Kilometre Zero」ヒネル・サリーム監督(イラク)
「シャンハイ・ドリーム」ワン・シャオシュアイ監督(中国)
「Peindre or Faire L'Amour」アルノー&ジャン=マリー・ラリュー監督(フランス)
「The Child」リュック&ジャン=ピエール・ダルデンヌ監督(ベルギー)
「Don't Come Knockin」ビム・ベンダース監督(ドイツ)
「Free Zone」アモス・ギタイ監督(イスラエル)




●カンヌ映画祭・生中継(Ch.312 ムービープラス


ムービープラス契約しなくては。

日本からの出品作品「バッシング」はイラク日本人人質事件をテーマにしたものらしいです。人質となった3人に対して「自己責任」という論調が広がりましたね。心配を通り越すと怒りにかわるってのは家族でもよくある感情ですし、あたりまえだとも思うのですが、彼らはメディアの扱いもあり、全国民の心配と怒りを一身に受けてしまって可哀想でした。あのときの日本人の心理ってすごく興味深いので、この映画もとても気になります。

そして「シンシティ」。これは楽しみですねー。これもアメコミなのだったかな?「バッドマン」やら「コンスタンティン」やら、アメコミ映画化が熱いのですね。

「スターウォーズ」もヨーロッパお披露目となるようです。この大波もいよいよ世界に向けて、ですね!!!
働きすぎだよショーン
ナショナルトレジャーの余韻も冷めやらないうちに、ショーンの次回作情報が続々で追っかけきれないです。・・まったくもう!・・ウレシイvv。

●「アイランド」(2005.7)
ユアン・マクレガー主演。クローン栽培科学者メリック役。冷酷そうなメガネ。きっと悪者。死なないことを祈る。

●「フライトプラン」(2006正月?)
ジョディ・フォスター主演。ジョディの娘が消えた飛行機の機長・キャプテン・リッチ役。善悪不明。

●「クラスアクション」(撮影中)
シャーリズ・セロン主演。セロンの友人のBF・カイル役。セクハラ物なので、頭の固い男なのか、諾々な男なのかまったく不明。死なないと思う。

●「ナルニア国物語」(噂)
ストーリーは知らないのですが、魔法を使える?ライオン?アスラン役。本当ならけっこう楽しみらしい。

●「サイレントヒル」(これから撮影)
日本のゲームが原作とか。これも内容知らないのですが、主人公の夫役らしい。グロテスクな感じらしいので、どうしてショーンが引き受けたのかまったくもって不明。ゾンビじゃないことを必死に祈る・・(泣)。


ヴィゴはオファー受けるまでに熟考があるに違いないと信じられるから安心して映画を待てるんだけど、ショーンは・・・。信じていないわけではないのだけれど、「なんでこの映画に?」ってのもあるから不安すぎる・・・(苦笑)。
悪い夢
尼崎の列車事故からもう3日を過ぎ、20メートルの車体がたった7メートルになったという原型を留めない事故車両の映像が流れるようになりました。それとともに、亡くなった方の遺族の涙と怒りの声が聞こえてくるようになり、ますます辛い報道となっています。お母さんを事故で亡くした娘さんが、「もう人間の顔じゃなくなってる、どんなことになったのか、見てくれといってもJR西日本の人は誰一人として見ない」と蒼白な顔に怒りで頬だけ赤くして泣いていました。自分の家族がこの事故の犠牲になっていたら、この声を聞くとすごく現実的な感覚になってしまって、泣いてしまいました。実は私の父もこの路線を利用しています。事故があった地点は通過しないのですが、同じ運転士さん、同じ車両を利用していたかもしれない、と思うと呆然としてしまいました。思いもよらない、想像もつかない出来事で、大事な人を失うかもしれない恐怖を思い知りました。


とうとうこの事故によって人生を終えてしまった人は106人になりました。もう事故原因は正確にはわからなそうな気がします。人を守るどんなすぐれたシステムがあっても、人を危険に陥れるのはやっぱり人なんだろうな、って思いました。運転士さんの話だけでなく、JR西日本も、一刻をも惜しむ生活も、利益優先の風潮も。
コンスタンティン
ホラーなのをすっかり忘れて油断して見に行ってしまいました(泣)。なのでびっくりしてイスから飛び上がらないように膝のバッグ握り締めていました。肩こっちゃった・・。でも鑑賞後の感想は「コメディ?」(笑)。

*以下すごいネタバレですので、未見の方はご注意ください。


アラトリステの眼差し
vii.jpg


「セビーリャ、アラトリステの眼差しに降伏す」ですって(悶絶)。セビーリャでアラトリステの記者会見が行われたと、Sachieさんのサイトでご紹介くださっています。一緒にご紹介されてるこの写真がまた倒れそうなほどセクシーです。やばい・・・。記念に写真と記事を掲載してもよいかしら。いつも貴重な情報を本当にありがとうございます。

スペイン記の続きもいまかいまかとリロードしまくりでお待ちしています。 Sachieさんのスペイン記は2日目前編に入り、とうとうまじかでアラトリステなヴィゴを目撃されました!!!ドイツから来たヴィゴファンさんとハイタッチ!とか興奮が手に取るようにわかります。私ももうドキドキです!可笑しいのはヴィゴの挙動不審ぶり(笑)。不思議な人ですねぇ。筆談絵談で未知の世界を切り開いていかれるSachieさんの勇気には感動です。続き続き~。まだまだクライマックスは先らしいですよ(興奮)。

この眼差しといい、よれよれな髪といい、なんて素敵な。パソコンの前で倒れるひと続出でしょう。そしてちょっと焼けたかな?そして眉毛がなんかしっかりしたかも?
「FLIGHT PLAN」トレイラー
「フライトプラン」の長めのトレイラーがMSN Moviesで公開されたとMarchin with SEAN BEAN さんとこで知り、さっそくチェックしてきました。機長なショーンが意外にたくさん出てくるんです!そして、キャプテンらしく、すっきりきりっとカッコイイです。何より声がいい。乗務員に命令するとことか、ジョディと口論するところとか。

ストーリーはベルリンからNYに帰る機中、娘が失踪。どこを探してもいない。確かに隣に座っていたはずの娘なのに、乗客も乗員も誰も見ていないという。さらには娘の搭乗記録もなく、6日前に死んでいるという記録を知らされる。納得いかないジョディ(演じる主人公)。娘を取り返すべく独り闘う!?てかんじかな。闘う相手が誰だかわからないのがサスペンスかしら。37,000フィート上空で人が行方不明ってのがサスペンスかな。ショーン演じる機長はどんな役どころなのか不明ですが、願わくば、MSNのトレイラーで見るところの最後、ジョディが赤い消火器ふりかぶって殴りつけようとしている相手が彼ではありませんように・・・(祈)。

j.jpg

ジョディの写真しか見つからない・・。主演ジョディ・フォスター、そしてエリカ・クリステンセン、ピーター・サースガード。ショーンはand more扱いなところが・・・・(泣)。


「フライトプラン」アメリカでは9.23公開だそうです。日本ではいつかな。MSNに飛んだら、MSN Exclusive: Watch the trailer now ってところをクリックです、ぜひGO~!

追記

DailyJournalさんとこでキャプチャを見つけました。

fp5.jpg

3本線のキャプテン・リッチ。ちょっと悪そうだな、心配だ。

fp3.jpg

ジョデイと大接近ですが、ラブな要素は皆無・・。噛み付きそうだ。口論中。

fp4.jpg

ジョディに娘さんの死亡記録を告げるキャプテン。

ジョディなだけに、けっこう大きくロードショーするのかなあ。
JR福知山線の事故
大変な事故がおきました。今日TVはずっとこの報道で一色です。兵庫県の尼崎駅近くでJR福知山線が脱線、現時点で50人の死者と325人の負傷者が数えられています。現在も事故車両に閉じ込められた乗客がいて、警察と消防、自衛隊の救出活動が続いています。

恐ろしい映像です。脱線した車両が線路脇のマンションに激突して、アルミでできた車体がぐんにゃりマンションにへばりついています。こんなことが起こるなんて。目を疑う映像です。

先ほど事故で亡くなった方の父親がインタビューに答えていました。息子さんを亡くしてどれほど辛いかと思うのに、マイクを向ける無神経さに腹が立ちます。「若いから。代わってやりいけれどね。」と笑顔さえ浮かべる父親は、きっとまだ彼の息子の死を現実として受け入れることはできていないようでした。

事故の原因はまだまだこれからの調査によって明らかになるでしょうけれど、命を落とされた方、そのご遺族がどんな悔しい悲しい思いをしているのかと思うと胸が痛いです。私の家族も尼崎に近いところに現在住んでいるので、この事故のニュースを知ったときには本当に目の前が暗くなりました。家族と友人の安否を確認できたときには、ほっとしました。思いもよらない、想像もつかない出来事で、大事な人を失うかもしれない恐怖を思い知った一日でした。

事故で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
アラトリステをもとめて
ala.jpg


ヴィゴファンとしては心と情報のよりどころだったViggo-online.netの日本語ページを担当されていたお1人のSachieさんが、なんと「思い立って」(!)スペインに行かれたそうですよ!そのレポートが公開されはじめました。すばらしい行動力と勇気の賜物、すばらしい経験をされています。壮観なガレオン船のセット、美しい海、そしてなによりカピタン・アラトリステをご覧になったそうです。もう大興奮な私。みなさまもぜひSachieさんのスペイン記「アラトリステをもとめて」で追体験を!!

Sachieさんのサイト「...My Image Daily...」の新作情報ページはこちら

しかもまだすごい幸運が続くらしいです。まさか!!!?




ヴィレッジ
じゃんけんで負けてしまい、苦手なジャンル・ホラーな『ヴィレッジ』を見ることに・・・(泣)。『シックスセンス』のM・ナイト・シャラマン監督です。

*ネタバレですので、未見の方は絶対に読まないでください。ジャンルがジャンルだし・・・。

Happy Birthday SEAN !! (遅)
HAPPY BIRTHDAY SEAN!

s.jpg


こんなに大事なイベントにのんびり大阪で花見をしておりました私をお許しください。しかも、去年おととしはバースデーカードをちゃんと送っていたのに、今年は忘れてしまいました(泣)。愛は少しも翳ってはいないのにぃ。

ショーン、46回目のお誕生日おめでとう!こんなに好きにならせてくれて、本当にありがとう。あなたなしの生活は考えられないワ。

男っぽい端整な顔立ちも好きなんだけど、やっぱり少年?のような笑顔に魂を奪われる私なのでした。

24.jpg


素敵な46歳の1年を!元気でたくさんいい映画に出てください。
関西旅行4
日曜日は大阪へ。4/13~4/19の1週間のみ公開の桜の名所、造幣局の通り抜けへ!TVで何度か見たことあるのですが、ぜひ行ってみたかったところです。122種362本の桜のトンネルです。詳しくは造幣局桜の通り抜けサイトにて。おぉー、ちょっとサイトを覗いてみたらが、この1週間の人手は1,122,000人ですって!すごいなあ。混んでたわけだ(笑)。

地下鉄で天満橋駅で下車。駅を出るともう人の波。造幣局への路は人で大混雑でみんなのろのろと歩きます。警察も出動!「全力を尽くしてご案内申し上げております~」というアナウンスになごむ。橋を渡り、造幣局へ向かう川沿いの路の両脇には出店がいっぱい!海の家みたいなお座敷つきの大きなものから、お祭りの露店のようなものまで。お好み焼きやとうもろこし、イカ焼き、チョコバナナ、ジャガバタなどなどもうすごい数!桜の後にはみんなここで一杯やるのかな?

ようやく造幣局到着。1時間は並ぶ、と聞いていたのですが、のろのろ歩いていたぐらいで30分ぐらいかなあ。入り口からしてもう満開の桜がぎっしりでした。

zohei.jpg


写真撮影を遠慮ください、というアナウンスもなんのその、みんなバシャバシャ!私も(笑)。

zohei2.jpg


1本1本にちゃんと品種と名前がついていて、とても大事に管理された桜たちでした。枝ぶりも丈も、とてもきちんとしていますもの。上の写真の右のグリーンが鬱金(うこん)。

zohei4.jpg


鬱金(うこん)という薄いグリーンの桜、関山(かんざん)という大振りな八重桜、御衣黄(ぎょいこう)という濃いグリーンの桜、楊貴妃(ようきひ)という艶やかな桜。もうありとあらゆる桜が満開で華を競うようでした。圧巻!!

zohei5.jpg

これは御衣黄(ぎょいこう)。

zohei3.jpg

これは林一号。

しだれも多く、太くて長い枝から垂れる桜がベールのようでした。まさにトンネル。途中から路が狭くなり、人が詰まってなかなか進めなかったりして、ちょっと疲れました。思ったよりも長い距離でした。あー満足。

zohei6.jpg


お土産には造幣局せんべい、というのが定番のようですが、試食してみたところあまり好きではなかったのでやめちゃいました。かわら煎餅のちょっと厚めでソフトなかんじ。薄くて固いのが好きなんだ~。

zohei7.jpg



帰りに露店の迷路を歩きましたが、あまりの混雑に早々に退散してしまいました。そして川向こうに見えた大阪城へ!近くに見えたけど、やっぱり15分くらい歩きました。うーん、疲れた。中には入らず、公園から眺めるにとどめました。ご挨拶ご挨拶。

zohei8.jpg



再び天満橋駅に向かい、梅田へ。

さすがに疲れたので&ビールが待ちきれなくなったので(笑)お寿司食べてからお家に帰りました。
関西旅行3
土曜日は両親との約束で京都へ。以前から私が見てみたいとリクエストしていた仁和寺の御室桜。この桜は満開時期が遅めなので、ソメイヨシノが散ったあとでもまだまだ楽しめるのです。何年か前のJR東海のCMに出たはず。

梅田から阪急で四条大宮へ。ここで京福電車に乗り換えて帷子ノ辻から北野白梅町方面へ向かい、竜安寺路駅で降りました。竜安寺を見てから仁和寺へ向かうプランです。駅から竜安寺までは徒歩20分ぐらいでしょうか。けっこう歩きます。今日もすばらしい天気。暑い、焼ける・・。

ryoan.jpg


竜安寺の入り口はとてもささやかです。有名なお寺なのにね。ぽつんぽつんと桜のお出迎えと、もうしゃくなげが咲いていました。以前に京都を訪れたときに、しゃくなげの有名なお寺を訪ねたのですが、すっかり盛りを過ぎていて残念だったことがありました。なのでとても嬉しかった。鮮やかな色なだけに、桜とちょっと離れたところに植えてありました(笑)。今はやっぱり桜が主役だものね。それでも目を引く美しさでした。

ryoan2.jpg


参堂を歩き、まずは石庭へ行きました。さすがに庭に面した縁側はぎっしり満員(笑)。制服姿の高校生を案内しているタクシーの運転手さんのガイドを脇から聞きながらしばし庭を楽しみました。白い砂が敷き詰められた有名な石庭に、塀の外から大きな桜がこぼれおちそうにかかっていて、とてもきれいでした。一瞬、昔の人もこの桜をこの庭から楽しんだのかな、ってタイムスリップした気がしました。不思議な庭です。

ryoan3.jpg


石庭を後にして、広大な庭へ。庭だけならば拝観料はいりません。この庭がとても素敵です。一角に桜園があり、満開でした。桜の大木が立ち並ぶ小道から空を見上げると桃色に視界を奪われます。花弁の大きな枝垂桜が本当に見事でした。こんな桜、見たことない・・・!

ryoan6.jpg


ryoan7.jpg


満開を過ぎてはらはらと散り始めた花弁が苔に覆われた地面に敷き詰められて、桜の絨毯になっていました。こういうのもきれいだなあ。ちなみに水面に浮かぶ花弁は花筏(はないかだ)って言うらしいですよ!きれいな言葉ですね。

ryoan4.jpg


ryoan8.jpg


竜安寺を後にして、仁和寺へ。徒歩10分ぐらいのきぬかけの路を歩きます。途中静かな寺に寄り道して手弁当を食べました。さらに歩くと仁和寺の駐車場脇に蓮花寺というお寺がありました。石仏がたちならぶちょっと不思議な空間でした。

renge.jpg


renge2.jpg


仁和寺はちょっと混雑していました。それでも人とぶつかったりするほどではなく、にぎやかなかんじ。庭に入るだけでも料金は300円です(笑)。仁和寺の御室桜は満開でした。

ninna.jpg


背の低い、ふくよかな花の桜でした。目の前に桜が立ち並ぶので大迫力!桜の木立の合間にはゴザを敷いた簡易座敷が置いてあり、「有料席」の看板はありましたが、みんな自分のお弁当広げて寛いでいました。多分夜が本番なのでしょう、昼は無料かな(笑)?それにしてもお寺のお庭でお弁当広げてお花見ができるなんて、きさくなお寺だ。いや、300円とるけど(笑)。売店もあって、ビールも売ってるの、すごい庶民的。地元の皆さんのお花見ポイントなのかもしれないですね。いいかんじ。

ninna2.jpg


桜も満開!三つ葉つつじも満開!芝生に敷物しいて、しばしのんびりしてきました。あー満喫。。

ninna3.jpg


この写真はJR東海のCMにも採用されたアングルらしいです。レースクィーンを撮影するカメラ小僧のように、この撮影ポイントには笑顔の人々が大勢でカメラを構えてて可笑しかった。私もやりましたが(笑)。

ninna4.jpg


三つ葉つつじもとてもきれいでした。

さすがに疲れて本殿は見ずに三門を出ました。以前に拝観した本殿はとてもすばらしく、ぜひもう一度見たかったのですが、疲労には勝てず・・。おおらかで壮大な中庭がとてもいいです、何時間見ていても飽きないよう。うろおぼえだけど、お気に入りでした。三門を出てすぐ京福電鉄御室駅。ローカルな電車に揺られて再び大宮まで戻り、阪急四条大宮から梅田へと向かいました。

のんびりくたくた、京都の桜の旅でした。

関西旅行2
三宮から夜の部(笑)。母と別れて神戸のお友達と映画を見に行きました。ショーンファン同士でしたのでナショトレ(笑)。ようやくお金はらって1回目。とはいえ、チケットショップで株主優待券を購入(笑)、ごめんねショーン。16:45の上映スタートなのであわただしく映画館へ。お客さんはまばら?15人ぐらいかな?うーん、3週連続1位だったのに、もう下火なのかしら・・。金曜夜なのに・・。それでもそのおかげでスクリーン真正面、前には誰もいない席をゲットしました。ああ、これでショーンを追いかけるボケ面の私を誰も見ることはない、はず。

ナショトレはやっぱり面白いです。単純に楽しめます。もうどうやっても冷静に見ることはないので、バカ丸出しの感想ですけれど、ショーンはかっこいいのです(笑)そしてかわいい。ファンぐらいしかチェックしないだろうけれど、彼はいちいち細かくうろうろ落ち着きがなくって子供みたいです。ボスなのに。これくらいならネタバレじゃないかなー?

ところがこの夜のメインイベントはナショトレではなかった!お友達のお家にお邪魔させていただけることになり、デパ地下で食事&酒を買って移動。はじめてお邪魔するお家はなんと!新築マンショーン!すごい綺麗で最新式。お部屋もひろくて景色もいい、あぁ、ベランダに住める・・・。この感動でごはんもそっちのけになってしまいました(笑)。

しかし感動はこんなものではなかった。越したてながらも充実のオーディオビジュアルコーナー!そこに燦然と輝くヴィゴの作品!そしてヴィゴからのThanxハガキ!アンビリーバボ・・・。空き巣が入ったらそれは私の仕業です(笑)。本棚にもお宝がザクザク。もう説明しきれない・・・。

しかししかし、衝撃はまだまだ続く。ショーンファンなら誰もが見たい、メイキング付『アンナカレーニナ』ドイツ版。ドイツ語がショーンの声にかぶっているのが残念、という前評判は聞いていましたが、これほどたくさん、笑顔満載で出演しているとは知らなかった。食事のしたくも手伝わないで恍惚とTVの前に座る私。あ、これはショーンのバースデー記念でMarchin with SEAN BEANさんでキャプ付訳が公開されました!ぜひチェックください。
ものすごくカッコイイ素の彼が拝めます。

ごはん食べながらさらにショーンの幻の映画『In In the Border Country』を鑑賞。どうもアイルランド闘争の志士たちの話のような?ベ、ベッドシーンばかりなショーン(笑)。うらやましい、いえ、素敵・・・。ストーリはさっぱりわからなかったのですが、美しいショーンが女性をたぶらかしておりました。うらやま、いえ、素敵・・・。The Complete Sean Beanさんの紹介ページによると1991年のアイルランドのドラマらしいです。ショーン32歳の作品。ぴかぴかの美貌でした。

そしてやってきました忘れらない衝撃の一品、ヴィゴの『Gimlet』。サイコ&ストーカーなヴィゴがもう言葉を失うほどセクシーで・・・(絶句)。こんな作品しらなかった、見れて本当によかった。これを見ずには死ねなかった・・・。欲しいよう~。最後にはもう会話もなくなるほど、のめりこんで見てしまいました。はぁ(溜息)。これはヴィゴ何歳の作品なんだろうか?Brego.netさんのGimlet紹介がありましたが、1995年リリースだから、37歳かな?

夢中になりすぎてすっかり遅くなってしまい、お片づけもしないで慌てて帰りました。夢のような時間でした。マジカルタイムだ。あわただしくお邪魔して、本当にお世話になった上に、あんなに貴重な品々を見せていただいてありがとうございました!またこんな僻地で叫んでいても伝わらないと思いつつも、感謝をこめて。
関西旅行1
両親が関西にいるのも6月までとわかり、急に思い立って行って来ましたお花見旅行。4/14の到着した晩はのんびり過ごし、翌日から怒涛の桜紀行となりました。

母と計画したのは有馬温泉日帰りの旅。4/15朝、JR芦屋駅から10:35有馬温泉行きのバスに乗りました。1時間に1本のバス(笑)。乗客はほぼ満員での出発でした。みんな日帰り有馬みたいでしたよ?バスは高級住宅地(ほんとに宮殿みたいな家もありました、すごい!)を抜けて、六甲の山々へ。天気もよく、あたたかで、遠くの山まで見渡せる気持ちのいい道行きでした。新緑の山々に桜やコブシが白く点在して、春らしい景色でした。六甲山の展望台では海が望めるらしいのでしたが、残念ながら霞がかかって見えませんでした。それにしても、ものすごい、まさにヘアピンカーブ!座っていても体は右に左に振られてフラフラです。それでもおしゃべりしているうちに有馬温泉に到着。所要時間はおよそ40分、料金は760円です。バス停前には小高いところに神社があり、桜が満開で出迎えてくれました。

arima.jpg


有馬温泉はこれで3度目。最初は両親の奢りで由緒ある旅館のお料理アップグレードステイという贅沢をしました。さすがに趣ある素敵なお部屋と美味しいお食事を堪能しつつ、お湯を楽しみました。これが本当に忘れられず、2度目は同じ旅館の日帰り滞在を利用したのですが、初回ほどの満足を得られずでした。そして今回の3度目はリーズナブルを極めよう!と公共の温泉を利用する計画なのでした。

有馬温泉には温泉が2種類あります。ひとつは金泉(きんせん)、もうひとつは銀泉(ぎんせん)。金泉は茶褐色の源泉かけ流しですが、銀泉は透明で循環式湯なんです。有馬温泉のくわしい情報は有馬温泉公式サイトでぜひ読んでみてね。私たちが選んだのはもちろん金泉。

arima3.jpg

これは源泉!

でもお風呂入っちゃうとぐったりしちゃうから、先に有馬の街を歩くことにしました。街、といっても本当に小さい。もうほとんど見尽くした感があります。それでも薄桃色の花びらが風に乗って飛んでくるのに誘われて歩くと、満開の桜がそろそろ花弁を散らして花吹雪でした。本当にきれい。名物の鉱泉煎餅をかじりながら土産物やを覗いてあっというまに一周。ゆっくり歩いていても汗ばむような陽気でした。金曜の昼ということもあり人もまばら。のんびりしていました。

arima2.jpg


いよいよ温泉!市営の協同浴場「金湯」へ。新しくできたばかりのようで新しい建物で、館内もまだぴかぴか。靴をロッカーに預けてから自動発券機で入湯料チケットを購入。大人は650円ですよ!安い。フロントでチケットと引換えにロッカーのキーをもらって2階へ。脱衣場は12畳ぐらいかなあ。大きなロッカーがずらりとならび、ちょっとスポーツクラブのロッカーみたい。トイレはひとつ。ドライヤー付洗面台が6つ。自動販売機が2つ。そして浴場は金泉が熱めとぬるめがひとつづつ。透明な沸かし湯がひとつ。シャワーブースが2つ、洗い場が20個くらい?なかなかひろびろ。みんなのんびり。人とぶつかることもないです。よかった。もっとザワザワ混雑かと思いましたが快適でした~。せっかくの温泉なのでじっくり浸かりたいのですが、やっぱり2度ほど出入りしてしまうと茹ってしまいました(笑)。

身支度を済ませてフロントでキーを返却。と、フロント前のラウンジにあるもの発見!!マッサージチェア!!母と2人でとびつきました(笑)。リモコン片手にコースを吟味、うきうきスイッチONでしたが、始動せず・・。ひょっとして?と思ったらやっぱり肘掛脇にコインボックスがありました!でも100円!安い!迷わずコインIN!いやー最近のマッサージチェアはよくできてるなー。足もマッサージしつつ、肩から腰からすばらしい活躍です(笑)。たった100円で大満足してようやく協同浴場「金湯」を後にしたのでした。すっごいオススメですよ!ここ。コストパフォーマンス最高です。みなさんも750円握り締めてLet's GO!

arima4.jpg


お風呂の後の水もがまんして、散歩のときにチェックしていたお蕎麦屋さんへ。素敵な庭ごしに蕎麦を食べてる人がいたので、いいな、って思って。しっかし、ここもどうやら市営の施設らしい!焼き物の展示会の脇に庭を望むテーブルがあり、そこでお蕎麦をいただきました。脱サラして蕎麦うち職人になったのかな?って思うような物腰優しく蕎麦を愛し知識豊富なおじさま方と、娘?な女の子が接客してくれました。まずはビール!母はお酒が飲めないので、私はひとりで中瓶(笑)。食事は冷たいお蕎麦にてんぷらがついてる品を頼んだのですが、それとは別に小鉢に蕎麦が盛ってあり、こちらは卓上の塩だけをつけて召し上がれとのこと。蕎麦を塩で??と思いましたがこれがすごく美味しかった。蕎麦の香りと少しの塩が絶妙でした。こちらの蕎麦はニ八だそうです。滑らかな喉越しと強めの歯ごたえ。こちらの蕎麦処もおすすめです!ビールは500円、お蕎麦は1000円。リーズナブルでしょ?

土産物やさんをふらふら見ながらバス停へ。三宮に用事があったので14:45の三宮行きのバスに乗車。ちょっと疲れてうとうとしながら、バスは山を下り、長ーいトンネルを抜けるともう新神戸でした。帰りも40分ほど、料金は680円。

本当に気軽に短時間でも十分満足できるコースです。楽しかった~。また行きたいなぁ。
旅行中
じつはおとといから関西方面を旅行中です。昨日はは有馬温泉に行って来ました!今日は本命は京都の桜。竜安寺と仁和寺に言ってきましたが、きれいだった・・・!!思うように投稿できない&みなさんとこ遊びにいけないのです(泣)。また帰宅したら写真をつけて詳しい旅行記にしたいと思っています。
ようこそオーランド!
きのう4/12オーランドが来日しましたね!!今朝の朝番組で空港の様子が放送されていました。オーランドは本当に素敵な笑顔でファンに手を振っていました、いい感じ~。出迎えのファンに歩み寄っている映像もあったので、サインやら握手をしてもらえた方もいたかもしれませんね!いやもうそんなことになったら失神しますね・・・。集まったファンはおよそ700人とか、うーん、ヨン様の2000人はオーリでも超えられなかったか~。

今日記者会見だそうなので、そしたらもっと写真がネットに出るかもしれないですね。今日はキアヌのインタビューの日ですから。大のキアヌファンの高木美保がインタビューできて舞い上がっていました。「東京タワーのようにスレンダー」だって(笑)、キアヌの去ったあとのイスに座っちゃうあたりが恥ずかしい感じでしたが、私もきっとやる(笑)!

明日には天気もよくなる見たいだし、楽しい日本滞在でありますように。

オーリのニュースを探していて見つけたこんなFLiX記事。

--

2005/03/25 ジョニー・デップ、オーランド・ブルームらがヨットで世界一周

 『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』の続編のプロモーションとして、ジョニー・デップ、キーラ・ナイトレイ、オーランド・ブルームの3人が世界一周のヨットレースに参加することになった。3人が乗る船の名前は“ブラックパール号”で、ヨーロッパを航海中はナイトレイが乗船。南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランドではブルームが乗船し、アメリカとブラジルではデップが乗り込む予定だという。

--

ロマンチックですね!すごい素敵だ。
ダイアナの告白
『ダイアナ元妃 極秘ビデオ』NTVの特別番組見てしまいました。この番組は先日のチャールズ皇太子とカミラさんの結婚式直後を狙ったんでしょうね。スピーチトレーニングのために、カメラを前に個人的な話をするダイアナさんの姿に泣いてしまいました。イギリス本国では放送されていないビデオだそうで、デイリーミラーの記者が個別で見せられて涙ぐんでいました。

幼いときに両親が離婚、継母との不和、できの悪い子供という劣等感。地位も名誉もある大人の男性からのアプローチに、名誉回復のような感情を持ったと話していました。やがて皇太子を愛するようになり、愛人つきの愛のない結婚、王室からの冷遇、心の通じない結婚生活の中で、心惹かれた男性の事故死。これほど辛い思い出話ばかりが映像で残っているだなんて、すごいショックです。自分を愛しているのか、怖くて皇太子に訊ねることはできなかった、って(泣)。

チャールズ皇太子の家族が認めているんですから、カミラさんとの結婚についての私の感想なんて、ほんと余計なお世話なんですけれど、どうがんばっても祝福できない。ダイアナさんの悲劇の記憶が鮮やか過ぎます・・。

皇太子もカミラさんも、自分がダイアナさんをどれほど傷つけているかについての想像力がなかったんでしょうね。自分が逆の立場だったらどう感じるのか、想像力のない人って本当に残酷です。皇太子のしたことは許せないです。顔も見たくないな・・・・。そんな男と結婚した方が悪いという意見もありそうですが。チャールズが世紀の恋を貫いた男だなんて、後に呼ばれるとしたら、時間ってのはあてにならない。
6代目ボンド
ピアース・ブロスナンがボンド降板を表明という、私としては非常に残念なことになっちゃってます。ピアースのボンドデビュー作には006としてショーンが出てましたからね。なんだかよりどころが曖昧になっちゃうみたいで寂しいです。

そんなところ、eiga.comのニュースによりますと、

--
(略)

映画の方は5代目ボンドのピアース・ブロスナンが降板。21作目となる「007/カジノ・ロワイヤル」は脚本が完成、監督は「007/ゴールデンアイ」のマーティン・キャンベルに決まり、ジュディ・デンチがM役を続投するなど製作準備が進んでいるが、肝心のボンド役はまだ未定のままだ。

--

007のピアースと006のショーンが激闘を演じたあの『ゴールデンアイ』の監督が次のボンドムービーを撮影すると!あー006生きてないかなあ。最後は巨大アンテナの下敷きになったショーン、いえ006ですが、死んだ瞬間は映ってないしね!

ボンドの次の候補としてはたくさんの名前が挙がってますけれど、誰になるのかなあ。知っている限りの候補。クライブ・オーウェンが有力。なぜなら彼のスケジュールが丸空きになってるから!ってのを読んだことがあります。
ヤフーのブログ
お友達のヤフーブログにコメントしたくて&コメントに残したプロフィールがエラーになるのが寂しくて、もひとつブログをヤフーに開設してしまいました!ヤフーのブログってとってもフレンドリーで面白いです。アバターって自分のかわりの似顔絵みたいなのがつくれて、洋服やアクセサリーなんかが細かく着せ替えられたりもするんです。すっかりはまっちゃった(笑)。

でも二つのブログを同じようには更新できそうもないのです。あちらに目次、こちらは文字数制限もないので記録に挑戦!超長い映画レビューができるので本文を載せようと思います。

ニドネ&ヒルネ 出張所




桜満開
桜が満開!開花から満開まで観測史上最速の2日らしいですね。近所の公園にお花見に行ってきました。本当に見事に咲いていました。お花見客も最高潮(笑)!

sakura2.jpg


桜は一輪は可憐なのに、たくさん連なるとどうしてこう豪奢なんでしょうね。言葉もなく、見惚れてしまいました。いえ、ビールは飲みつつですが・・。


バラも有名な公園だったのですが、花壇ですでに寝込んでいる男性もいました。バラの名前を書いた立て札のすぐ横に寝てたから、酔いつぶれたおじさまの前にロマンチックな横文字の名前が。『ジャスティン』とか『ジュリアン』だか(笑)。あまりの違和感に笑ってしまいました。
アビエイター
レディスデーに急遽見に行きました。最近水曜日だと映画を見ないといけない気がしてきます(笑)。わたしだけじゃないと思うから、映画業界はきっとこのアイデアでずいぶんと客層を拡大&増収なことと思いますよ、ほんと!『オペラ座の怪人』と『ナショナルトレジャー』とどちらにするかで悩みましたが時間が合わず、『アビエイター』にしました。3時間ものだったなんて、知らなかったですよ・・・。終わったらふらふらでした。それでもオーリの『キングダムオブヘブン』のチラシは帰りがけに手を伸ばして貰ってきました(笑)。でも朦朧としていたので、家に帰って見たら10枚近く掴んでいたようです、ごめんなさい・・。

*以下ストーリーを覚えてるかぎり書き出した超ネタバレレビューですので、未見の方はご注意ください。この映画どんなストーリーだったっけ?という方にのみおすすめします(笑)。とはいえ、覚え違いやらたくさんあると思います、先に謝っておきます・・。

イーストウッド来日!
ew.jpg


スポニチさんより。

クリント・イーストウッドが石原都知事と会談してる!来日してるんだ!?私の老け好きは彼からはじまったのです、あ、念のため、石原都知事じゃないですよ(笑)?わー成田にお出迎えしたかったなぁ。かっこいいなぁ。

あ!2人の通訳のちょっとぽっちゃりロングヘアーの女性に見覚えがある!ヴィゴの『オーシャンオブファイアー』ジャパンプレミアのときに通訳してた人だ!なんだかちょっと嬉しいものがあるなぁ。

ホントにNT2?!
今度はエイプリルフールじゃないですよ!『ナショナルトレジャー』の続編制作が本当に決定したもようです。え、私の言うことは信じられない(笑)??でもMovieInsiderやら、thezreview.UKやら、そしてYahooNewsのスポニチ記事。でもならべてみると、どれもまだ噂の域を出なそうなソースですね(笑)。最初のサイトでは2007年公開って書いてあるから確かだといいなあー。ふたつめのサイトは「脚本募集中」の監督コメントが根拠みたいだからやっぱりまだ憶測かもしれない。サンスポは・・・・・。うーんやぱり噂だな(笑)。

--

新庄夢見るハリウッド出演!?「NT」パート2制作決定

ニコラス・ケイジ(41)主演のアクション・アドベンチャー映画「ナショナル・トレジャー」のパート2の製作が決定し4日、製作配給元のブエナビスタインターナショナルから発表された。

同作は日本で先月19日に公開され、週末ランキングで3週連続1位を記録するなど好調。アメリカでも昨年11月19日に公開され、興収チャート3週連続1位を達成し興収約1億7000万ドル(184億円)と好成績を残した。

1作目に続き製作はヒットメーカー、ジェリー・ブラッカイマー氏で、ケイジが主演するかは未定。日本でのヒットとパート2製作決定に、日本で宣伝プロデューサーを務める北海道日本ハムファイターズの新庄剛志外野手(33)は「最高の気分です!今からオレの役がどんな役なのか楽しみです(笑)」とハリウッド出演に期待(?)を寄せた。

サンケイスポーツ

--

ですって!ニックの出演が決定していないようなら、ショーンのリベンジの可能性はまだ極めて低いですけれど、ぜひとも再びリッチ&クレバーなイアンに会いたいなぁ。・・・ベンとアビゲイルの子供が主役になってたりして(泣)。ライリーおじさんとベン2世が組んだりして!?

私的『ナショナルトレジャー2』『ナショナルトレジャー3』。ブラッカイマーさま、おねがーい(祈)。

私が仕返しに騙されてるのかなぁ・・・。心配。やっぱり嘘はいけないな。
ムビ☆5月号
今月も、気恥ずかしいけど嬉しいご贔屓により、ショーンがおっきく出ています(笑)。

順番に。まず表紙めくってすぐの付録シールにやや大きめに1枚。小さいけど写真。ムビ☆さんのホームページから。↓

ms5.jpg


もちろんヴィゴもあります。ショーンから右に1、下に3のところにやっぱり大きめに1枚。「石油のために血はいらない」Tシャツを着ています。イライジャはショーンのすぐ下に1枚と小さいのが2枚。オーランドはショーンの左に1、下に1のところに大きいの、ほかに小さいの2枚、さらにパイレーツの写真が3枚、さらにキングダムオブヘブンのが1枚。さすがにオーランドはシールもたくさん(笑)。いいなあ。

シールめくって目次。「英国俳優の復讐」ってタイトルの脇に私はあんまり好きじゃないナショナルトレジャーのやつれたショーン写真。おとなりはJ・バトラー。ヴィゴも「アラトリステ制作発表」のタイトルに写真尽き。この写真は好き。もちろんオーランドは写真付でしかもp10から。

オーリの記事で面白かったのは彼のフクザツな家系の話。ひいひいひいおじいちゃんまでさかのぼってて、すごくわからない(笑)。熱心なファンでないとちょっと覚えられないな。オーリがちょっと浅黒いのはお母さん系がインド育ちだからか(適当すぎ)?GFとも復縁したらしく、本当によかった。

『アラトリステ』って30億を超える予算なんですか?!すごいなあ。でもプロジェクトの大きさよりも内容が魅力的だ、ってヴィゴらしいですね。スペイン語で撮ることを映画会社の上層部に納得させるのに5年もかかったとか。ヤネス監督の思いいれが伝わりますね、本当に楽しみだ、ヴィゴのスペイン語。そして、『オーシャンオブファイアー』って興行成績悪かったんですね、知らなかった。大人気だったと思い込んでました、私・・・。

ms6.jpg


「イギリス俳優の復讐」って、タイトルですが、イギリス俳優って何かされたんでしょうか(笑)?ハリウッド俳優に比べると知名度や扱いが悪いってことかな。ショーンは1PのVisageの写真と2Pのフィルモグラフィーがありました。『ウィンターフライト』から『ナショナルトレジャー』まで紹介されてました。『トムトマ』や『シャープ』が入っているのはすごい。でもラヌッチオはレナとの悲恋に悩まされる役、ではないと思うなあ。シャープは少佐になった気がするし、あれ?その後降格になったっけ??

おかしかったのは、カラヴァッジオ以降高まった評価例で英・オブザーヴァー紙の「演技はもちろん、顔もいいし、名前もクール」って、最後のは冗談じゃ(笑)?ビーンってクールなんですか??あと『ロード~』ではイライジャにイギリス英語の悪い言葉を教えたそうです。「彼のイギリス訛で言うと超クール」ってイライジャもおかしいけれど、そんなバスタードなショーンが好きです。『シャープ』ブームのころはロケ地訪問ツアーまであったとか。行きたかったな~。今の日本の冬ソナブームみたいなもんかな、ううむ。

このコーナーにはファントムことJ・バトラーも。彼って弁護士だたんですね、すごいなあ。そういわれれば知的だ。目はグリーンなのかしら?素敵だ・・・。『タイムライン』はあんまり惹かれなかったけど、ファントム役オファーのきっかけになったという『ドラキュリア』は見たいな。

イライジャの『フーリガン』は日本公開は微妙かもしれないですが、『シンシティ』にも出てるんですね。ミッキー・ロークが出るらしいこの映画、アメコミらしいですがイライジャも悪っぽいかんじなのかしら。

ドムは彼女ができたとか(笑)?アメリカのドラマで成功しているらしいです。彼かっこかわいいですよね。おしゃれだし。日本でもドラマ放映してくれないかしら。

そして人気投票。2位ヴィゴ、3位ショーン、4位オーリ、5位イライジャ・・・。オーリ抜いてるよ、ありえない、にゃにゃにゃにゃい、かのうしまい(古!)。

けなしているようで、本当に感謝してますムビ☆。これからもよろしくお願いいたします。万一ショーンが表紙になったりしたら、嬉し恥ずかしで本屋から逃げ出しそうです(笑)。
シティオブエンジェル
ananさんにお借りしたニック作品第2弾(笑)!公開当時から気になっていた作品だったのに、見たことがなく、ananさんにリクエストしてお借りしました。

*以下いつものようにネタバレ、というかストーリー書き出しですので、未見の方はご注意ください。

ローマ法王の死去
数日来危篤が伝えられていた264代法王ヨハネ・パウロ2世が2日夜に83歳で死去されたそうです。クリスチャンではないのですが、カソリック系の学校に縁があったため、法王の存在というものはなんとなく意識することがありました。

バチカン市国には以前に旅行で数時間だけ訪れたことがありました。人気のない聖なる場所は見学者を押し黙らせる厳かさがあり、ちょっと怖かった思い出があります。キリスト教の教えを知らない私ですが、世界中で11億人という人が生きる支えとしているものであり、その世界の頂点で神の代理人として存在することの大きさと恐ろしさを思うと心が震えます。国家を超えて巨大な影響力を持つ個人であって、国家間の紛争には特別の位置づけをもって介入していたのが印象的です。他の宗教への謝罪も積極的に行っていたそうです。嘆きの壁の前で祈る法王の映像をどこかで見た記憶があります。平和のために奔走した法王は、空飛ぶ法王と呼ばれた、とニュースが伝えていました。

1978法王就任。27年間の在位。やさしい笑顔を覚えています。キリストの教え子ではないのですが、同じ時代を共有した者として、冥福をお祈りします。
ツリー化
ブログのテンプレートをカスタマイズしてみました。エントリーやリンク、カテゴリーやコメントやトラックバックをツリー化してみました。みやすくなったかなあ?なんだかちょっとうるさいかんじにも思うのですが、しばらくこれでやってみようとおもいます。おかしいところにきづかれましたらおしえてください。ツリー化のテストもかねて、今日は3つもエントリーしてみましたん。ひらがなばっかりなのは、ちょっと眠いからです。今日は頭つかいました!

ツリー化にあたって参考にさせていただいたブログさんです。ありがとうございました。

FC2blog攻略ブログさん
ヒヨコ君増殖中さん
ワンダと巨像と土と空さん


まだまだいろいろできるようです。希望としては、最近のエントリー日付部分と、カテゴリー大分類部分の太字を普通に直したいです。どうしたらいいのかな・・・。色を変えることはできそうなんだけど・・。あ!グレーあたりにしたらちょっとはおとなしくなるかなぁ。

また元気なときにがんばりまっす。
オペラ座の前売り
いまさらなんですが、オペラ座の怪人の前売りチケットにはスワロフスキーのチャームがついていたんですか?さらに公開初日には赤い薔薇が貰えたというのも本当ですか?すごいロマンチックだ。いいなぁ・・・悔しい、きぃ。
ナショナルトレジャー2
★4/1掲載のこの記事は捏造だったのでした、ごめんなさい!エイプリルフールを一度やってみたかったのです。一日だけ、いい夢をみさせていただきました。可哀想なヤツと思い、どうぞお許しくださいませ。おつきあいくださり、お怒りや呆れ顔とは思うのですがいただいたコメントも嬉しく、記念に記事は削除しないでこの一文をお詫びに追加するだけで残しておこうと思います。ありがとうございました!どうかこの嘘が本当になりますように


かねてから報道されていた「ナショナルトレジャー2」ですが、とうとう脚本が決定したもようです!

b2.jpg

現在公開中の「ナショナルトレジャー」で、伝説の宝を発見してトレジャー・ハンターとしての名声と富を手に入れたベンジャミン・ゲイツのもとにあらたな依頼が舞い込む。アメリカ政府を通じての中国政府の依頼で新疆ウイグル自治区に眠るとされた歴史的秘宝を調査することになったベンジャミン・ゲイツとアビゲイル。もちろん天才ハッカーのライリー・プール。中国・アメリカ両政府の国家的サポートのその裏には、情報機関による激しい争奪戦が。前作でベンジャミン・ゲイツと争い敗北、FBIに逮捕されたイアン・ハウも「ナショナル・トレジャー2」で復活。裏世界のコネクションを利用して不起訴となったイアンは、ロシア・マフィアや香港マフィアと組み、ベンへのリベンジと宝の奪取を狙う。ベンは国家とイアンを相手に三千年の眠りから宝を目覚めさせることができるのか?

撮影は2005冬からの予定。ロケ地は中国。
アメリカでの公開は2006夏頃。
AF通信

ソースと詳細はこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。