ニドネ&ヒルネ
寝言&たわごと&好きなこと ゆっくりショーン・ビーン熱愛お休み中・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネバーランド
誘って頂いて12/28にネバーランド試写会に行ってきました。前情報としては、ピーターパンの原作者にちなんだものだということと、ジョニー・デップが主演だということだけでした。

*以下ネタバレしていますので、未見の方はご注意ください。

さて、ネバーランド。20世紀初頭のイギリスの舞台が舞台(笑)。劇作家バリは売れっ子ながら新作に行き詰まり、さらに妻との関係にも行き詰まっている(泣)。そんな中、未亡人とその4人の息子たちに出会う。苦しい生活をけなげに生きる一家の助けとなろうとするバリ。とくに三男ピーターは父の死によって心を閉ざし、楽しむことを拒絶し、非常にデリケート。そんなピーターに想像の楽しさ、創作の自由を教えようとするとともに、ピーターをモデルに「ピーターパン」のストーリーを作り上げる。ネバーランドは永遠の少年の住む世界であるとともに、大人の中の少年が永遠の命を得る場所でもあったのでした。バリとのふれあい、「ピーターパン」の上演を見る中で、父の死にも涙を見せなかったピーターは、凍りついた心を少しずつ解いてゆき、さらに訪れた母の死をも受け入れるようになる。

ピーター役の子役はポスト・ハーレイ・ジョエルオスメントとも言われているらしいフレディ・ハイモア君。小猿顔(失礼)でかわいそかわいい。怒りや悲しみをこらえるときの潤んだ瞳が哀しい・・。彼のオンステージの映画です。バリ役のジョニーですが、彼でなくてもよかったのでは?と思った次第です、すみません。もっとくたびれた感じの役者さんのがよかったように思います、だって奥さんに愛想つかされるのがアンビリーバブルですもの。バリと未亡人(ケイト・ウィンスレット)は惹かれあいながらもプラトニックなんですけれど、こんな美男美女だと、うっかり「もったいない」、なんて思う私は不純でしょうか。ストーリーは感動的なのですが、たくさん詰め込みすぎて駆け足な印象です。ピーターの泣き顔にもらい泣きしちゃいましたが、感動の大波は来ませんでした、残念!どうしてなんだ自分!?

ジョニー様はかっこいいのですが、やはり私はスパロウ船長限定で好きなようです。パイレーツオブカリビアン2が待ち遠しい・・・・(そんな締め??)。敗因はピーターパンのストーリーをしっかり予習して行かなかったことです。思い出すかと思ったけれど、けっこう曖昧なままでした。ぜひおさらいしてからご覧ください。

そうそう、バリの劇を上演する劇場主がダスティン・ホフマンでした。髭生やしてて、しぶくて素敵。ショーン・コネリーっぽいかんじです。髭ってvv。
スポンサーサイト
フェイスオフ
ナショナルトレジャーご一行様来日空港お出迎えに参加して、生ニック&ニックファンAさんの感化を受けすっかり楽しみにしていました。12/20地上波「フェイスオフ」を鑑賞。

*以下ストーリーばればれですので、未見の方はご注意くださいね。

ニックは弟とペアを組む雇われテロリスト・キャスターという極悪人で、FBIに猛追されて瀕死で逮捕。爆弾の隠し場所を刑務所の弟から探り出すべく、ジョン・トラボルタのFBI捜査官のショーン(!)、いえ名前ごときに反応していてはいかんとは思うのですけれど、が開発されたばかりの顔移植手術でキャスターになりきって潜入。ところが瀕死のばずのキャスターが息を吹き返してショーンの顔を付けてFBIとして登場。二人の入れ替わりを知る人間はキャスターに根絶やしにされたため、ショーンはキャスターとして刑務所から出られず・・・。うわー悲惨だなー、と思ったらショーンなニックが脱獄!いや、誰がだれだかめんどくさいですね。うまいこと説明できるかなあ・・・。とにかく入れ替わったまま濡れ衣な事態を逆転すべく大活躍!ときにはキャスターになりきり、ときには自分の奥さんに「自分がショーンだ」と会いに行き、奥さんとの出会いのエピソード披露やら、血液型やらで本物を立証。最後は直接対決に勝利してようやく自分の本当の顔を取り戻すのでした。

顔だけ剥がして移植できるのかい!顔の大きさは?鼻の骨は?開発者が皆殺しになったのに、移植しなおし手術は誰がやったの??と疑問はまあ、おいといて。これ監督さんはジョン・ウーさんでしたっけ?スピーディでド派手なアクションの連続はとても楽しかったです。やっぱり決戦前にはハトが飛ぶんですよね、なにかのおまじないのように。このシーンで監督はウーさんかな?と思ったわけです。また、省略してしまいましたが、キャスターの妻子とのエピソードや、実の娘に撃たれちゃうあたりなんかも面白かったんですが、ややこしいので。もっとも憎むテロリストの顔になったまま取り残された、というショーンを演じるニックの苦悩の表情が秀逸です。そして最後の対決の場は海辺の教会のお葬式だったので、海をバックにブラックスーツで登場するニックがかっこよいです。Aさんにこの感想をお伝えして、ニック鑑賞法としていかがなものかを伺ったところ、「間違いなし」のお墨付きをいただきました~!!嬉しい。
ボーンスプレマシー
先週は毎日楽しいイベントがあって忙しくも充実した時間だったんです。いまごろだけど、思い出してちょっと書いておこう。12/15に東京FM主催の「ボーンスプレマシー」試写会に当選したので、出かけてきました。

*ストーリーについて触れまくりなので、未見の方はご注意くださいね?
この映画は2002の「ボーンアイデンティティ」続編だと聞いていたので、レンタルで予習しておきました。「ボーンアイデンティティ」はタイトルは聞いたことがあったのですが、見たことはなくて、この予習の段階で初めて「ボーン」は骨ではなく、主人公のジェイソン・ボーンの名前だったことに気づきました。はずかしー。このボーン役はマット・デイモン、ヒロインのマリーはフランカ・ポテンテ。

1作目はCIA特殊エージェントのボーンがミッション失敗のうえに記憶喪失で、彼が生きていては困るCIAのチームに命を狙われながらも逃げて、自分が何者かを探すというストーリーです。逃亡中にマリーと恋に落ちるとはお約束。トレッド・ストーン計画という、超スーパー殺し屋エージェント育成プログラムのナンバーワンだったらしいボーン。送り込まれる殺し屋をことごとく撃退。返り討ちになった殺し屋の中にはキング・アーサーのクライブ・オーウェンもいました(笑)。マリーを逃がし、かつての上司を追い詰めるも、計画自体の抹消を狙ったCIA長官がトカゲの尻尾切りでボーンの上司は殺害。この長官役はブライアン・コックスでした(笑)。ボーンは「俺を探すものは殺す」と言い置いて逃亡。マリーと再会してハッピーエンド。

そして「ボーンスプレマシー」スプレマシーってなんだ?と思って辞書を引いたところ、「至上」とか「最高」とかいう意味があるようです。「ボーン最強!」てなかんじなの??さて、今度はCIAのエージェント殺しの容疑がボーンにかかります。マリーとインドで隠遁生活中のボーンにとってはもちろん濡れ衣。黒幕は謎のロシア人とその殺し屋。この殺し屋がカール・アーバンです。痩せて精悍な感じな上、黒い服。最高にかっこいいです。にこりともしないずっと怖い顔ですが、かっこいい!惚れました。罪をなすりつけた上でボーンを殺しにかかります。そしてまちがってマリー殺害。ボーンが怒りに立ち上がります。前作は自分探しの旅でしたが、今度は真相を求めて復讐の旅です。インドからナポリ、ベルリンへ。かつてのトレッドストーン関係者と接触したりしながら情報を得ていきます。かつての殺し屋エージェント仲間にはマートン・ソーカスがいました、ボーンに殺されてしまいますが・・。彼を追うCIAの女性リーダーはしだいにボーンの容疑に疑問を抱くとともに、調査を進める自分を監視するようなCIA長官への不審を深めます。数々の情報と断片的な記憶を継ぎ合わせてボーンは次第にベルリンでの初仕事だった過去の暗殺ミッションを思い出す。暗殺したのはロシアの腐敗を非難していた政治家とその妻。指示したのはロシアマフィアと共謀したCIA長官、なウラが少しずつ明らかになってきます。ボーンにはやっぱり死んでてもらわないといけないようです。ロシアマフィアの指示を受けた殺し屋カール再登場でボーンとすさまじいカーチェイスを繰り広げます。これがすごい。本当に呼吸を忘れる迫力でした。殺し屋カールも撃退したボーン。すべての真相を思い出したボーンはいよいよCIA長官を追い詰め、長官自殺。ボーンは任務とはいえ自分が殺したターゲット夫妻の遺娘に会いに行き、真相を告白します。母が父を射殺し、その後自殺と聞かされていた彼女には、犯人本人から告げられてもその真相は救いとなるのでした。愛する人を失った真実が知りたいはずだ、というボーン。マリーを失ったボーンはその真実を探すうちに、エージェントではなくて人としての真実も見つけたようでした。後任になったCIA女性リーダーはボーンの無実を認め、真相のお礼にと彼の資料から本名と出身地を教えます。ジェイソン・ボーンもコードネームだったんですね。本名はなんていってたのか、もう忘れてしまいました。感慨深げなボーンの立ち姿でエンド。

絶対続編がありそうです(笑)。なかなかスピーディな展開とアクションで面白かったです。マット・デイモンは興味なかったんですが、一瞬ぐらつきました。マリーがボーンの背中から抱きついて二人で笑ってる幸せなツーショット写真があるのですが、その写真のマット・デイモンはちょっと横顔で、まっすぐな首のラインがとてもかっこいいです(笑)!ここ限定ですけど。

見て後悔はしない映画だと思います。とても楽しめました!でも前作を知らない人がいきなり見るとちょっとよくわからないことも多いです。予習してからぜひ!

2004年
監督: ポール・グリーングラス
原作: ロバート・ラドラム
音楽: ジョン・パウエル
キャスト:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ジョーン・アレン、ジュリア・スタイルズ他

日本公開: 2005年2月11日
上映時間: 1時間48分
ナショナルトレジャーご一行来日
今日は一大イベントがありました!ナショナルトレジャーご一行様来日です。シネトレで募集していた成田空港お出迎えに参加してきました!事前の来日メンバーにはショーンの名前はないのですが、ひょっとして!やら、プレスシートがもらえる!やら、行けばNTの特別試写会の抽選権が得られる?!やらいろいろあって時間もあることだし出かけました。それにやっぱりニコラス・ケイジ氏も見たい!ダイアン・クルーガーも見たい!空港お出迎えなんてめったにない経験?!といったミーハーな気持ちからなんですけれど・・・。

14:20分成田空港到着。しかし、案内のメールにはシネトレ担当者がNTのパネルを掲げる、と書いてあったのにどうしても見当たらない。再度見直すと14:30「成田空港第2到着ロビー」って書いてある?!なんだこれ?普通、「成田空港第2エアターミナル到着ロビー」って書くよね?ひょっとして第1ターミナルだったのかな?思いインフォメーションに確認。「第1エアターミナル到着ロビーか、第2エアターミナル到着ロビーかです。」とのこと。なんだか愛想のかけらもない案内嬢でやや凹みました。シネトレからの案内メールを見直しながらインフォメーションを後にしたところ、背後より「すみません」と声をかけられました。やはりシネトレの募集に応募して来ていた、ニコラスファンの娘さんの代理でやってきたというBさんでした。私が手に持っていたメールのプリントアウトで同士とわかったようです。集合場所はいったいどこなんでしょうね、と話していたところ、やはり同士と気づいた通りすがりのAさんが声をかけてくれました。お2人の話を総合すると、TBSのカメラクルーがいたから第2ターミナル到着ロビーで間違いないようでした。Aさんのお話ではシネトレの募集に応募した人は800人いたそうです(!)。それにしてもそういった人ごみはまったく見えず、とりあえずTBSクルーの側で待機することにしました。お話すがら、Bさんは娘さんの代理なのでニコラスファン、というわけではないようでした。しかしAさんは大変なファンでいらっしゃいました。私は正直にショーンが目当てできたことを白状しました。したらばなんとAさんもショーンが好きだとおっしゃるじゃありませんか!もちろんニックが一番なのは間違いないでしょうけれど、とても嬉しかったです。

なんとなく動きがあり、ゲートAに移動。プリントアウトメール束を持つ男性発見。パネルなんてどこにもないじゃん、と思いながらも大人なので黙って参加の証のメールのプリントアウトを渡しつつ、ゲートAに来ることを確認しました。しかしもうすでにゲート前のポール際には二重の人垣ができていました。それでもまだ5,60人くらいかな。まだ人の薄かった真正面にスタンバイしました。この次点で15:00ぐらいだったかしら。すでにそわそわどきどきで落ち着かない気分でいたところ、私の前に立っていたミドル世代の男性もなんだか人待ち探し顔で挙動不審。どうみてもニコラスファンとは思えないので、邪魔だなあ、などと失礼なことを思っていると、周囲の同士たちも同様だったらしく(笑)、「どこからのなんて人を待っているんですか?呼んであげます」などとコミュニケーションを取って見たら、なんと彼の待ち人はバーバパパの原作者の息子さんだそうな。「バーバパパ!?!」と一斉に喜色となる私たち。現金なもんです(笑)。でもバーバパパは好き、原作者に会えたら嬉しい!と舞い上がってしまいました。おじさんもなんだか嬉しそう?そういえば、おじさんはピンクのバーバパパのマスコットを掲げて目印にしていました。なーるほど。とにかく彼が待ち人を見つけて退場してくれないと視界がふさがれてしまうので、まずは彼の待ち人を必死に探しました。するとやってきたのはさわやかなパリジャン!(パリかどうかはわからないけどFromフランス)。待ち人現る嬉しさもあって、周囲のニコラスファンと手を振ってムッシュ・テイラーをお出迎えしました。ついつい握手や写真も撮影したりして(笑)、ムッシュ・テイラーも面食らってました。自分の出迎えの群集かと思ったかも?びっくりしたろうなあ。。。

ムッシュたちが去ったので、ようやく視界も良好!と思ったところ、警備員が大挙してやってきました。うっかり塞いでしまっていた中央出口を整理してテープ前にずらり整列。「(ナショナルトレジャーご一行が)来たらしゃがんでくださいねvv」と警備員となごやかに小競りつつ、登場を待ちました。到着予定時刻の15:30が近づくと、興奮も最高潮となり、なんだかハイになってきたり。ところが、予定時刻をすぎると興奮疲れでトーンダウン・・・。増える警備員にもなんだか緊張しちゃってぐったりしてきたころ、なにやらざわめきが!?到着ゲートAのむかって左の出口からナショナルトレジャーご一行様登場です!私に最初に見えたのはダイアン・クルーガーでした。ブロンドをアップにして、ベージュかキャメルのコートを着ていました。もうなんだかそれだけで真っ白になりかかった私の視界に次に現れたのはニコラス・ケイジ!テンガロンをかぶり、サングラスをかけて、にっこり笑顔でこっちに歩いてきます。背高い!足長い!とってもかっこいい!!私のいたところのすぐ近くに、熱心なニコラス・ファンの方々(どのぐらい熱心かというと、ニコラス氏の写真をプリントした団扇やフラッグ、バッグなどを持っていました)がいたので、おそらくそれを見ての笑顔だったのでしょう。事前にサインや握手はしませんよ、とスタッフに言われていたのに、ニコラスはサインも握手にも応じていました。いい人だ。私はどちらも無理なポジションだったのですが、そんな紳士な彼と嬉しそうなファンをまじかで見られてとても嬉しかったです。ニコラスは手がとても大きく、指が長~く、左手の中指に巨大なリングをしていました。本物のダイヤなん??彼の隣には噂のハタチの奥様がいました。ネットで見た写真よりもずっと洗練されていて、きれいでした。ニコラス氏に歓声が集中していましたが、後ろにジェリー・ブラッカイマー氏と奥様が歩いていました。わー写真のとおりだー。(あたりまえ)監督さんと共演者のジャスティン・バーサくんは見分けられませんでした。ごめんなさい。ダイアン嬢もニコラス氏に視線を奪われていた間にいつのまにかいなくなっていました。ああー絶世の美女をマジカで見たかったのに、本当に残念です。そしてなによりどこを探しても見つからなかったのはショーン。韓国プレミアでも、台湾プレミアでも目撃情報がなかったのであきらめていましたが。ニコラス氏やダイアン嬢だけでもアドレナリンがどわーっと放出されましたので、ショーンがいたら血管切れてたかもしれません。スターってすごいなあ。

彼らはゲート出口すぐ脇の隠しドアから速攻で退場してしまいましたが、ゲート前は興奮冷めやらずごったかえしていました。すっかり疲れ果てた私がぼんやり立っていると、「誰が来てたんですか?」と旅行帰りに偶然居合わせた人に聞かれました。誰、と答えるべきかと思いましたが「ニコラス・ケイジさんです」というと「へえー」と見逃して悔しそうな表情をされていました。ここで「ショーン・ビーンです!」って答えて「誰?」って聞かれたりしたらショックだなあ。やっぱり間髪入れずに「ロードオブザリングでボロミアを演った俳優で、ハンサムな45歳だけど笑顔が少年のように屈託なくて魅力的な、イギリスでは超有名で近頃ではハリウッドでひっぱりだこなので、来年の3月に日本公開のナショナル・トレジャーって映画でニコラス・ケイジと共演するんですよ!」っていっきに言ってしまおうか、などと考えていたら、さきほどの人はいなくなっていました・・・。ご一行の登場で場が乱れたため、一緒に待っていたBさんやAさんをすっかり見失ってしまいましたので、ご挨拶はどうしようかなあ、と思案していたところAさんが私を見つけてくれました。クールダウンと帰途への体力を取り戻すためにお茶しに行きました。

お茶しながらニック(親しみが湧きすぎ?)の映画と魅力の話をしたり、ショーンの映画の話をしたり。ニック映画でオススメをいくつか教えていただきました。「フェイス・オフ」は12/20にTV地上波でやるそうなので、必ず見ようと決めました。そして「ザ・ロック」を次にレンタルしてこようと決めました。ハリウッド・スターの出迎え初体験、はもちろんですがニコラスファンのAさんとお話できて本当に嬉しく楽しい一日となりました。

家に着いてとても脱力しました。ショーンが来日したらどうなっちゃうのかな。来日したら嬉しいけれど、怖いような複雑な気持ちになりました。体力つけとかないと、ね。
NTロンドンプレミア
20050214132931.jpg


かかかか、かっこいい。NTロンドンプレミアにショーン登場です。やっぱりお嬢さんたちを伴って参加のようです。今続々とネットに掲載されている写真をチェック中ですのであとでまた書き足します。


追加です。

20050214132939.jpg


続々と写真が出てもう眩暈がしそうです。↑はサインをしているところをファンが撮影したものらしいです。なんて羨ましい!こんな至近距離からショーンに会えるなんて。もし自分がこの位置にいられたら・・・、想像するだけでもう頭に血が昇るですよ。あの瞳に見つめられたらどうなっちゃうのかなあ。この写真を撮影したファンはえらい、しっかりピントもあってるし、いい角度で撮ってるし、そしてなにより我々にこの写真の喜びを分け与えてくれたことが本当に感謝です。私にもし、ショーンの写真を撮る機会があったり、なにがしらのエピソードを耳にすることがあれば、きっと喜びを分かち合うことをここに約束します。そんなチャンスがあるといいなあ!以前、オーシャンオブファイアーのプレミアに参加できたことがあります。客席脇ドアから現れたヴィゴを見たときには一瞬貧血を起こしたかと思うほど、頭が真っ白になりました。正気に戻って通路を進むヴィゴを撮影しましたが、もうブレブレで(笑)。興奮?緊張?もう一枚もちゃんとしたのがなかったです、ふがいないなあ。あ、写真撮影は禁止されてたんでした、ごめんなさい。モノより思い出!と思いなおして、その後は舞台のヴィゴを目に焼き付けようとしたのですが、ほんとうに雲を踏む気分?ていうのでしょうか、もう頭がふわふわしてたような気がします。夢のようだったなあ。また会いたいなあ。。。秋には再来日するって言ったのはどうなったんですか?(しつこい)。

20050214132947.jpg


プレミア写真もう1枚。こちらはプロが撮影したものでしょう。いい顔していますね、満たされているというか・・・。お嬢さんたちと一緒のときの笑顔は特に素晴らしいです。いい男だなあ。素敵すぎてあなたが遠い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。